« Shogiブレイクムーブ01 【90】 | トップページ | Shogiブレイクムーブ01 【92】 »

2011年5月31日 (火)

Shogiブレイクムーブ01 【91】

91.

盤と駒を使って、まず初手から現在の局面までの手順を追ってみた。駒を動かしながら、ハルなら絶対に将棋パッドを使うだろうなと思った。最初からパソコンで将棋を覚えた人間とそうでない人間との違いは、突っ込んだ研究をするときに盤駒を使うかどうかに現れる。

現在の局面までたどり着くと、そこから先手が勝つとしたらどんな局面があり得るかを考える。即座に5、6の局面が思い浮かぶ。その大半で角が大きな役目を果たす形になっている。言い換えれば角の動きを止められた場合、先手の勝利は実現しないことになる。

ではいくつか思いついた先手の勝利局面の中で実際に到達可能なものはあるのか、或いは今はまだ想定できない形での先手の勝利があるのか―健志は今日初めて自分の思考が対局の当事者なみに深まってゆくのを感じた。

おそらくこの将棋の勝敗に関して一つの結論が出ていることを知らないのは対局している2人だけといえるだろう。知らぬまま必死に読み続けることで先人とまったく同じ道をたどっているわけだが、それは今戦っている両者の力が大山十五世名人やその巨人を打ち破った有川九段に匹敵していることの証左とも言えようか。

もし陣基が49年前の大山-有川戦の棋譜を知っていたとしたら、当然先手が負けることは分かっているはずだ。それでも同一手順をたどっているのは、この先に逆転に至る手順を用意しているからではないか。知っているのか、知らないのか……。

万が一このまま大山-有川戦と同じ手順で進み終局となれば、それは将棋史上初めての出来事になるだろう。少なくとも記者は、中盤以降数十手にわたり同一手順が再現されたのを見たことも聞いたこともない。かつて、物理学者で将棋愛好家だった小此木周造博士は、「過去に指された将棋と同一手順の将棋が指されたとき、それは人間における将棋の進化が終息に近づきつつあることの証しになるだろう」と言った。小此木博士の言葉が正しいのなら、この対局は将棋に関して人間がその限界に近付いたことを証明する最初のケースという、とんでもない事態が生じることになる。

健志はネット中継でそんなことが取り沙汰されていることには気づかず、ひたすら考え、駒を動かし、考え、また駒を動かすという作業を続けていた。何かありそうだ。具体的な解答は見つかっていないものの、健志は先手が勝つ手順がありそうに思えてきた。

米原もまた、先手逆転の可能性があるのではないかと疑っていた。それには自分自身の目で見た陣基の絶大な記憶力への畏怖が大いに影響していた。プロ棋士の記憶力―特に将棋の手順(棋譜)に関するプロ棋士の記憶力というのは一般人の理解を超えている。何十年も前に指した棋譜でも間違うことなく再現することができる。だが庄村陣基の記憶力はそうしたプロ棋士と比較してもまったく異次元のものという印象だった。

ただ米原は健志と違い、自分で先手の勝ち筋を探索しようとはしなかった。パソコンの前に坐り、じっと戦況を見つめている。陣基の記憶力を侮ってはいけない。遮光カーテンで日の光を遮って作った人工的な薄闇の中で明るく光るモニターの前に坐り、距離を置いて背中合わせに坐った少年と戦った時の感触が今も脳の表面に残っている。まるで熱いものに触れた指先の皮膚がその熱さをいつまでも記憶しているかのように。「久保田君、この少年を侮っちゃいけないよ」。米原は相手に届くはずもないアドバイスを心の中で発した。

電話が鳴った。

《はい》
《会長、3番に有川先生から電話です》

米原は内線から外線に切り替えた。

《米原です》
《とんでもないことが分かったよ》有川は挨拶もなしにいきなり切り出した。
《何ですか、とんでもないことって》
《まずは資料を見てもらった方がいいだろ。さっきコピーをファックスで送ったんだけど手元に届いてないかな》
《資料ですか》
《ああ女房にも手伝ってもらって、ようやく見つけたんだ》
《特に何も受け取ってませんが》
《ちょっと確認してくれるか》
《分かりました》

通話を保留にすると内線番号をダイヤルした。その時ドアにノックがあり、米原は手を止め「どうぞ」と応えた。思った通り、職員が手にファックスの紙数枚を持って入ってきた。

雑誌の記事だった。執筆者は大山名人。内容は49年前の大山‐有川戦だった―大山名人による自戦解説である。米原は、記事の本文はところどころに目を通す程度にして、各ページに1、2カ所ずつ書かれている棋譜を主に追っていった。いくつもの変化手順を手際よくまとめ、簡潔に分かりやすく解説している。米原にとっては苦手な対戦相手だったが、こうした文章の巧さは認めざるを得ない。ただいずれの解説も一般読者を意識した書き方で、真の意味で突き詰めた解析を行っているわけではない。「こんな素人相手の解説文のどこがとんでもないんだ……」米原は記事の途中で読むのをやめ、電話を取った。

《今ファックス見ました。これ、雑誌ですよね》
《『将棋二十世紀』って雑誌があったの覚えてるだろ》
《ええ》
《あれに大山先生が書いた自戦記だよ》
《で、これのどこに問題が……》
《最後のページを見てくれるか》

米原は有川の言葉に従い6枚目の紙を取り上げた。そこに書かれた「変化手順G」と題する棋譜を目にした途端、米原は頭の中で小さく叫び声を上げた。

その棋譜では先手が逆転勝ちを納めていた。

【次回:ここをクリック
【前回:
ここをクリック
Copyright © 2009, 2010, 2011, Party in My Library
《これはフィクションです。実在の人物・団体等とは一切関係ありません。》

|

« Shogiブレイクムーブ01 【90】 | トップページ | Shogiブレイクムーブ01 【92】 »

【Fiction】」カテゴリの記事

コメント

凄いです!ぐいぐい引き込まれました。次の更新を楽しみにしてます。

投稿: ヒロアキ | 2011年6月10日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/51816765

この記事へのトラックバック一覧です: Shogiブレイクムーブ01 【91】:

« Shogiブレイクムーブ01 【90】 | トップページ | Shogiブレイクムーブ01 【92】 »