Episode

2008年11月 7日 (金)

50分間の“ツール”

一昨日(08年11月5日)中古のマウンテンバイクを買った。昨日それを引き取りに行った。店があるのはJRの隣駅の近く―車なら10~20分、わが家からの距離は7km前後だろう。そこへ電車で行き、帰りは買ったマウンテンバイクに乗って帰ってきた。

続きを読む "50分間の“ツール”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

相場師の言葉

「須山君、こんなに大きなガラ場は昭和の御代(みよ)にはもう二度と見られないからな、よーく見ておくんだぞ」
東証一部の全銘柄の株価が書かれた黒板を指差し、加藤顧問はアルバイトの学生にそう言った。値動きの大きな銘柄には、値上がりの場合には赤い上向きの三角形、値下がりの場合には青い下向きの三角形の磁石式マーカーが名前の横に付けられる。

今、幅7~8メートル、高さ2メートルほどの巨大な黒板には200個近い青い三角マーカーが付けられ、遠目には黒板というよりも青い壁のように見える。

続きを読む "相場師の言葉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

マトバ氏の電話

仕事用に今の電話番号を使い始めて10年あまり経つ。その間にあった間違い電話は50件ほどで、そのほとんどが「マトバ」という人物宛ての電話だった。

続きを読む "マトバ氏の電話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

人の器、器の人

食品用ラップ材のメーカーとして知られる会社で広報宣伝部門の課長を務めるTさんという人がいた。そのT課長の会社が毎年作る特製カレンダーの制作・印刷を請け負っていた会社の営業マンがIさんだった。事件は、完成したカレンダーの配布もとうに終わり、新年も旬日を過ぎた頃に起こった。

続きを読む "人の器、器の人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

同時翻訳:シグ藤田さんのこと

シグ藤田さん--かつて、朝日イヴニングニュースで天声人語の英訳を長く担当された方である。

続きを読む "同時翻訳:シグ藤田さんのこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)