« 朝青龍問題 | トップページ | 勝った勝ったと下駄の音 »

2007年8月22日 (水)

勘違いしないといいのだが

今日はサッカーの特異日だ。フル代表、U-22代表、U-17代表の試合が実施される。

で、フル代表についてだが、先のアジアカップで期待に反して4位となって以来、「個の力」論が声高に言われるようになった。サッカーに「個の力」が必要なのは当然であり、そんなことはオフト監督の下で、本気になってW杯を目差すようになってから、形こそ変わったものの、ずっと言われてきたことだ(少年サッカーなどは、ある意味「個の力」優先主義でもある)。それが、ここにきてマスメディアがしきりに取り上げるようになった。ここで重要なのが、日本は「個の力」を「優先」したら勝てないということだ。これまでの組織力やパスを中心とするコンビネーションの上に、個々のプレーヤーの力を加味する---これが日本サッカーが目差すべき方向である。よもやオシム監督がその点を勘違いしているとは思えないが、選手の中に誤解している者がいるのではないかと危惧する。特に今回初めて招集された中にそんな思い違いをしている選手がいるのではないかと心配である。

それともうひとつ。日本のプレーには「強引な突破」も時には必要だという発言を見聞きすることがあるが、サッカーにおいて「突破」はほとんど常に「強引」なものである。これまではその「強引さ」を容認しない雰囲気がチームにあったので、その意識を変えていかないと、「きれいにパスが回るだけで、点の入らないサッカー」に終始することになる。また、中澤と闘莉王のDFラインには大いに期待している。

ほかの若い2チームについて書く余裕がなくなったが、とにかく勝利を期待する。

|

« 朝青龍問題 | トップページ | 勝った勝ったと下駄の音 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/16685555

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いしないといいのだが:

« 朝青龍問題 | トップページ | 勝った勝ったと下駄の音 »