« 勝った勝ったと下駄の音 | トップページ | 銀座・山野楽器 »

2007年8月23日 (木)

「勝った勝った勝った」と行きたかった、が

残念ながらU-17日本代表はナイジェリアに0-3で完敗。決勝トーナメント進出は最終戦まで持ち越しとなった。

この日本対ナイジェリア戦は、日本のサッカーが持つ弱点がさらけ出された試合と言ってもよいかもしれない。それはまたもや「個の力」の問題。1対1になったとき、日本の選手はほぼ体力負けしていた。端戸など、あの世代の日本人選手としてはフィジカルは強い方だがやはり当たり負けをする。またスピードでもいわゆる「地足」でナイジェリア選手の方が総体的に上回っていた。そのアドバンテージをナイジェリアは活かし、それが同時に日本の良さを消すことにつながった。

日本のよさとは、無論コンビネーションである。少し極論かも知れないが、ボールを回す技術だけなら、今のU-17はその上のU-22やフル代表よりも上手ではないだろうか。そのよさを活かすことができなかったのは、「個の力」の足りなさである。それは1対1で相手を吹っ飛ばせというのではない。相手と競り合う場面になったとき、たとえ数秒でも持ちこたえて、自分が意図するプレーを完遂できる「力」である。たとえば、柿谷は非常に素晴らしいテクニックを持っているが(怪我をしているせいもあり)、昨日の試合では競り合いで踏ん張ることができず自分のプレーができなかった。それに対し、相手の10番は小柄ながらもフィジカルが強く、コンタクトプレーの中でもボールをコントロールし、自分の意図するプレーを完遂していた。その違いである。

フィジカルの強さを前面に押し出すサッカーは日本のものではない。今あるコンビネーションをプレッシャーの中でも発揮することができる「力」、それが今日本が目差すべき「強さ」である。

|

« 勝った勝ったと下駄の音 | トップページ | 銀座・山野楽器 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/16685557

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝った勝った勝った」と行きたかった、が:

« 勝った勝ったと下駄の音 | トップページ | 銀座・山野楽器 »