« 「国技」の根拠 | トップページ | サッカー女子W杯 »

2007年9月17日 (月)

もうひとつの国技

柔道は、世界選手権で期待された鈴木桂治、井上康生が敗れ、どうなることかと案じられたが、最終日にどうにか面目を保ったようだ。

鈴木は素人目に見ても研究されていた気がする。得意の足技を封じられていた。最後に敗れたシーンでは、技を仕掛けた鈴木の足が完全には相手の足にかかっておらず、返し技が認められてしまった。井上は相手に力負けしていたように思える。特に、3位決定戦のブラジルの選手は上背もあり、まったく自分の組み手ができなかった。また、試合後のインタビューでの井上に、燃え尽きてしまったかのように覇気がなかったのが気がかりだ。

組み手についてはだいぶ以前から指摘されているところであるが、日本の選手は特に欧州の選手と戦うときに組み手で後れを取ることが多い。体格と筋力の差だろうか。加えて、柔道着の袖が細くなり、引き手が取りにくいことも大きく影響しているだろう。鈴木は明らかにやりにくそうだった。

日本もきれいに勝つことに拘らず、勝つ柔道に徹してはどうかと思うが、「本家の意地」「国技のプライド」が許さないのだろう。

金メダルを獲得した谷、塚田の両選手は無論だが、男子として最後に無差別級で優勝した棟田選手は偉い。中学時代からの最大のライバルである鈴木が負け、井上が負け、重量級総崩れの危機の中で勝ち取った金の意義は大きい。ソウル五輪で最後の最後に優勝したときの斉藤仁の険しい形相を思い出した。まだ試合を見ていないが、この優勝は棟田にとって大きく飛躍するきっかけになるのではないだろうか。

最後に、専門家が見ればそんなことはないのかもしれないが、私にはどうしても「かけ逃げ」としか思えない場面が多かったことが気になる。

|

« 「国技」の根拠 | トップページ | サッカー女子W杯 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/16481814

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの国技:

« 「国技」の根拠 | トップページ | サッカー女子W杯 »