« 「赤福」の件 | トップページ | 優勝南アフリカ »

2007年10月21日 (日)

赤福から比内鶏へ

偽装の連鎖が止まらない。

「赤福」は次々に新事実が明らかになり、その内容がだんだん悪くなっている。「雪印」のケースに似てきた。

名古屋コーチンに続き、比内地鶏でも偽装が発覚。「比内鶏」が天然記念物で、食べることが禁じられているというのはタモリの『トリビアの泉』でも取り上げられたことがあった。どうやら正確には食べてもよい「比内鶏」と食べてはいけない「比内鶏」がいるらしい(参考)。

ところが今回の事件は「比内鶏」ではなく、食用に改良した「比内地鶏」の偽物だという。「比内地鶏」を「比内鶏」と称して販売するというのも、「比内地鶏」と称してまったく違う鶏肉を売るのもミートホープ事件と同類の詐欺と言ってよいのだろう。それにしても人の食欲のなんと騙されやすいことか。

|

« 「赤福」の件 | トップページ | 優勝南アフリカ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/16826467

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福から比内鶏へ:

« 「赤福」の件 | トップページ | 優勝南アフリカ »