« 今日の「かぐや」 | トップページ | 金木犀 »

2007年10月13日 (土)

「亀田式ボクシングマーケティング戦略」の破綻

亀田3兄弟の1人が負けた。それは別にどうということはないのだが、「亀田式ボクシングマーケティング戦略」ともいうべき手法が破綻を来たし、主役には人格者であることすら求める日本のプロスポーツという風土で、悪役に再挑戦の機会があるのかどうかということが興味深い。

売り出し始めた頃の亀田兄弟は面白いと思っていた。まだランキング外で、タイトル戦に挑むこともできない頃に大口を叩き、敢えて悪役を演じる--是非は別にして、「英雄」であることや、「人格者」であることさえ求められる日本のプロスポーツ界では、大相撲の朝青龍と並んで、「ヒール」であり「ヒーロー」であるという新しいキャラクターの登場かと少々期待もした。それがトレーナー役の父親までもが頻繁にテレビに露出するようになってきた頃から少々辟易としてきた。「ファミリー」、「兄弟」というのは、これは日本古来の「売り方」であり、目新しいものではない。それでも、この「ファミリー」の動向は気にはなっていた。

彼らの「売り方」にはひとつアキレス腱があった。それは「勝ち続けなければならない」ことである。通常、ヒールというのは憎らしいほど強いが、ここぞというところで負け、ヒーローを引き立てる役目だが、(八百長の有無については敢えて言わないが)「演出」の入り込む余地のないプロボクシングでは、そういったステレオタイプのヒールは成立しない。勝ち続け、憎まれ口を叩き、世間(マスメディア)から非難され、それでも勝ち続ける--意図したことか、成り行きでそうなったのかは分からないが、亀田ファミリーの長である父親はいつしかそう決めたように思える。

インタビューなどを見てると、興毅も大毅も視線が定まらず自信なさげな表情を見せることが(かつては)あった。あの子たちは、口ほどには傍若無人でもないし、多分どちらかといえば小心者だろうと思う(その点は父親にも言え、一見強面で豪胆に見えるが、結構細かな神経をしていると見た)。そんな子どもたちがああした不遜な態度を続けるのは亀田家のマーケティング戦略に則ったことだと思っている。一家を挙げて「腹立たしいけど、強いやつ」を演じているのであり、それが生き残る途だと定めている風がある。

ここで重要なのが「強い」ということである。強い、即ち負けないボクサー。そのため、当初はどうだったか定かでないが、途中からは明らかに力の劣る者しか対戦相手に選ばなくなった。亀田戦略の根幹は「強さ」の演出である。「強さ」と「憎たらしさ」--これが両輪と言ってもいいだろう。

そのためには勝ち続けること。負けたら、その瞬間で破綻。再挑戦は「亀田式」にはない。それが父史郎の考え方だったのだろう。また、その認識は正しいといえる。勝ち続けるしかないのだ。

今回の敗戦で「亀田式マーケティング戦略」は破綻した。少々厳しい言い方だが、負けた相手が悪かった。内藤は決して強いチャンピオンではない。その内藤に負けた亀田はさらに「弱い」のであり、「強い憎まれ役」が単なる「憎まれ役」、もっと言えば「弱い憎まれ役」になってしまった。せめて3兄弟の1人ぐらい、品行方正なまじめボクサーに仕立てておけば、まだまだ「亀田」ブランドを売り続けることができたのにと思うが、それは望む方が無理というものだろう。

はたして、「亀田式ボクシングマーケティング戦略」に修正が利くのかどうか。また修正が可能だとしたら、どう立て直してくるのか--TBSの力量が試されるところでもある。これからは、そんな斜めの視線で注目していこう。一つ断言できるのは、負けたら切腹するというできもしない大ボラ作戦はこれで封印されるだろうということである。

|

« 今日の「かぐや」 | トップページ | 金木犀 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/16745663

この記事へのトラックバック一覧です: 「亀田式ボクシングマーケティング戦略」の破綻:

« 今日の「かぐや」 | トップページ | 金木犀 »