« クリスマスツリー&12月のコンサート | トップページ | まるで掌編小説のような »

2007年11月12日 (月)

養父、J初ゴール

川崎フロンターレの養父雄仁が昨日の対浦和レッズ戦で見事Jリーグ初ゴール。

あれは何の試合だったんだろう。高校選手権の神奈川県大会決勝だったのだろうか。相手チームがユニフォームの色に合わせた手袋を着けている中で、弥栄西高校の養父は軍手をはめていた。それがとても新鮮に見えた。試合は押され気味ではあったが、それでも養父の動きは際立っていたと記憶している。

卒業後しばらくしてから、国士舘大学に進みサッカーを続けていることを知った。大学時代はプレーを見る機会がなかったが、昨日テレビではあるが、彼のプレーを久々に見て、あの軍手をはめて孤軍奮闘していた姿を思い出した。あの頃からうまかったパスにさらに磨きがかかったようで、昨日の試合でも何度となく鋭いパスを出していた。これから順調に育ってほしい選手の1人である。

|

« クリスマスツリー&12月のコンサート | トップページ | まるで掌編小説のような »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17049758

この記事へのトラックバック一覧です: 養父、J初ゴール:

« クリスマスツリー&12月のコンサート | トップページ | まるで掌編小説のような »