« サザエさん人形焼 | トップページ | クリスマスツリー&12月のコンサート »

2007年11月10日 (土)

チェスでドーピング違反

アジア室内大会という国際イベントに出場を予定していたチェスの日本代表選手がドーピング検査で陽性反応が出て2年間の資格停止処分に。

既に、昨年のアジア大会でもチェスの出場選手にドーピング検査を実施していたらしい。が、チェスでドーピングって、具体的にはどんな薬物が規制対象になるんだろう。

今回資格停止処分を受けた選手の場合は常用していた血圧降下剤に禁止成分が含まれていたようだが、どう考えてもチェスの選手にドーピング検査は過剰な対策としか思えない。陽性反応が出て、資格を失ったチェスの選手もまさか自分がそんな目に遭うなんて思いもしなかったろう。

国際チェス連盟(FIDE)はチェスを五輪種目にすることを目差しているというが、その辺りが遠因だろうか。IOCがたとえチェスであろうと、主張選手がドーピング検査を受けない競技を五輪に加えることは絶対に認められないとでも主張しているのではないだろうか。だが、冷静に考えれば、チェスにドーピング検査など費用をかけるだけ無駄のように思える。

|

« サザエさん人形焼 | トップページ | クリスマスツリー&12月のコンサート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17035277

この記事へのトラックバック一覧です: チェスでドーピング違反:

« サザエさん人形焼 | トップページ | クリスマスツリー&12月のコンサート »