« 「地球の出」と「地球の入り」 | トップページ | 漱石のデスマスク »

2007年11月14日 (水)

「いなご」様

野球をあまりよく知らない小学生は、大投手稲尾を「いなご」と聞き違えていたことがあった。そんな不謹慎な聞き間違いをした小学生とは私である。

プロ野球のことも、日本シリーズが何かも分からなかったが、周囲の大人たちが騒いでいたのであの稲尾投手が大車輪の活躍をした日本シリーズのことはぼんやりと記憶にある。

将棋界では未だない、「3連敗後からの4連勝」での優勝というのはすごいし、しかも稲尾投手はさよならホームランまで打っていたというから、もう何と形容してよいか分からない。

私が小さい頃の有名な投手といえば、セ・リーグの金田正一(国鉄スワローズ)、村山実(阪神タイガース)、パ・リーグの杉浦忠(南海ホークス)、稲尾和久(西鉄ライオンズ)だった。この4人は、金田1933年生、杉浦1935年生、村山1936年生、稲尾1937年生と年齢的にも近かった。既に3人が鬼籍に入った。冥福を祈る。

|

« 「地球の出」と「地球の入り」 | トップページ | 漱石のデスマスク »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17066002

この記事へのトラックバック一覧です: 「いなご」様:

« 「地球の出」と「地球の入り」 | トップページ | 漱石のデスマスク »