« 真部八段最後の対局 | トップページ | Robot Guitar »

2007年11月30日 (金)

黒カツ

A文字通り、衣が黒いトンカツである。

店内の説明に曰く、「昭和の中頃、横浜に真っ黒なトンカツを出すお店があったそうです。頑固そうな職人さんが揚げるそのカツは、決して焦げているわけではなく、サクサクとした衣とジューシーな肉、そしてほのかな甘い香りは人々を魅了したといいます」。その店では客の話などからその黒カツを再現したとのこと。

食してみた。

確かに黒い。味は、目をつぶって食べれば普通のロースカツと変わらないような…。よい肉を使っているのだけど、脂身の部分が少し傷みかけていたか、臭いがあったのが残念。衣もさっくりとはしているが、油のきれが悪く冷えてくると少々ベタッとしてくる。この2点が改善されれば高い評価もできるだろうが、今のままでは率直に言って、1回は話しのネタとして食べてもよいといったところである。

トンカツ黒けりゃ箸まで黒い――黒カツは特別な位置付けのメニューらしく、他とは違い、器も割り箸も黒っぽい色で統一されていた。

Photo

|

« 真部八段最後の対局 | トップページ | Robot Guitar »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17231852

この記事へのトラックバック一覧です: 黒カツ:

« 真部八段最後の対局 | トップページ | Robot Guitar »