« “ダビビトノキ” | トップページ | 年賀状 »

2007年12月29日 (土)

ブット元首相暗殺

パキスタンのベナジル・ブット元首相が暗殺された。

「暗殺」という手段には強い憤りを覚える。しかし残念なことに、暗殺が政治的抗争などにおいて、敵対する勢力の中枢を排除する手段として用いられているのは事実であり、利害や理念などの対立がある限り暗殺を根絶することは難しいだろう。

「暗」とは「秘かに」や「隠れて」といった意味で、文字通りには「相手が気付かないのにつけこんで殺す」ことを言い、今では「主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為」(Wikipedia)を意味する。

英語で暗殺は「assasination」と言い、動詞は「assassinate」。その行為を行う者は「assassin」(アサシン)である。元々は12~13世紀頃に活発に活動したイスラム教シーア派の分派ニザール派の異称で、同派が要人殺害を抗争戦術の一つとし、実行の際に大麻(ハシシ)を飲用したことから、それが転訛して「アサシン」となり、「暗殺者」の意で使われるようになったと言われている。

イスラムの国パキスタンで起きた暗殺事件。負の連鎖の始まりでなければよいのだが。

|

« “ダビビトノキ” | トップページ | 年賀状 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17508940

この記事へのトラックバック一覧です: ブット元首相暗殺:

» パキスタン人民党総裁・ブット元首相、暗殺される [酒井徹の日々改善]
――独裁批判演説の矢先に―― ■20名死亡、負傷者多数の自爆テロを糾弾する! 軍政の続くパキスタンで、 民主化を掲げる「パキスタン人民党」総裁のベナジル=ブット元首相が 27日、暗殺された。 来年1月の総選挙に向け、 「この国は独裁者により踏みにじられてきた」との ムシャラフ現政権への痛烈な批判演説を繰り広げた その15分後、 銃撃と自爆テロとが ブット元首相とその支持者らを襲ったのである(中日新聞12月28日)。 死者は約20名に及び、 多数の負傷者が出ているという(朝... [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 16時15分

« “ダビビトノキ” | トップページ | 年賀状 »