« 「なぜ死なねばならなかったのか」 | トップページ | 誤解じゃないぞ:自民党の公約 »

2007年12月17日 (月)

クラブW杯:ACミラン優勝

ACミラン強し。大会が始まる1週間ほど前に来日し備えたというだけあり、持てる攻撃力を見事に発揮し、ボカジュニアーズを4-2で下し優勝。

昨日のゲームを見る限り、今回は「カカのACミラン」だった。カカが極めて優秀な選手であることは論を俟たないが、彼がその実力を発揮できるのは、セードルフやガットゥーゾ、ピルロなど中盤に優秀なプレーヤーがいること、ネスタを中心とする安定感抜群のDF陣があってこそであるのも事実だ。

「大海の水は飲んでも鰯は鰯、泥水飲んでも鯉は鯉」と言うが、ことサッカーに関しては、才能はそれに見合った水域(チーム)に属さない限り、発揮され難いと思う。カカはACミランという最適の環境に置かれたことで、その才能をあますところなく発揮できるようになったということだろう。

浦和レッズの3位も見事である。が、これは「世界の3位」ではない。あくまでもクラブ・ワールドカップにおける成績である。一部には、日本のサッカーが世界的レベルに達したかのような浮かれた評価もあるが、ACミランとの試合を見れば分かるように、点差では測れないレベルの違いがあるのは歴然である。特に、あらゆる意味での「スピード」の差はあまりに大きい。今のままで「世界レベル」だなどど喜んでいては永久に真の世界レベルには辿り着けない。今回の「歴史的一戦」を糧にさらなる向上を目指してほしい。

ACミランのマルディーニが引退するらしいが、1年でもいいからJリーグでプレーしてほしいというのはかなわぬ夢だろう。

|

« 「なぜ死なねばならなかったのか」 | トップページ | 誤解じゃないぞ:自民党の公約 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17393776

この記事へのトラックバック一覧です: クラブW杯:ACミラン優勝:

« 「なぜ死なねばならなかったのか」 | トップページ | 誤解じゃないぞ:自民党の公約 »