« 斜め視点論評:サッカーのつば吐き | トップページ | 気になる一戦:羽生vs丸山 »

2008年1月15日 (火)

朝青龍、2日目で土

朝青龍が戻ってきた土俵は活気も戻ってきたようだ。ところが2日目にして早くもその朝青龍が負けた。

場所前、初日とテレビニュースで見た限りでは、前半は無難に乗り切れるのではないか。問題はスタミナが切れてくる中日以降だろうと思っていたが、早々と負けてしまった。内容的にも決してよくない。

もう一つ気になったのが、朝青龍が立合いに手を土俵に付いていなかったことだ。テレビで何度か見たが付いているように思えない。以前から、この横綱は強い相手との対戦ではしっかりと手を付かない傾向があったが、昨日の立合いは特にひどかった。確か相撲協会の規則では、立合いは両手を土俵に付かなければいけないはず。

早い段階で親方なり、相撲協会審判部なりが注意しないと、またぞろ問題の火種になるような気がする。

|

« 斜め視点論評:サッカーのつば吐き | トップページ | 気になる一戦:羽生vs丸山 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17698685

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍、2日目で土:

» # 座布団の行方 [禿頭帽子屋の独語妄言 side A]
私はまじめなスポーツファンではないので --- そもそも「カテゴリー」にスポーツ [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 09時11分

» さすがヒールだね、朝青龍 [たなぼた]
大相撲初場所が盛り上がっている。 朝青龍が勝つのを期待する人も、負けるのを期待す [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 10時43分

« 斜め視点論評:サッカーのつば吐き | トップページ | 気になる一戦:羽生vs丸山 »