« 1月28日 | トップページ | 「別に」:ジミー・ペイジと沢尻エリカの場合 »

2008年1月29日 (火)

将棋:渡辺竜王-羽生二冠戦

Photo_6昨日第79期棋聖戦最終予選で渡辺明竜王と羽生善治二冠の対局があった。両者の対戦は2年4か月ぶりのことだった。

渡辺明ブログの自戦記によると、振り駒で先手渡辺-後手羽生となり、一手損角換わりから腰掛銀へと進展。途中、定跡からすると先後が入れ替わったような局面が出現した。

Photo_4














この後、後手の羽生が攻め、先手渡辺が受ける展開となり、後手もなかなか決め手を繰り出せず長手数となり、もつれたかに見えたが、終盤で先手に「致命的なミス」が出て、結局158手で後手の勝ち。羽生は挑戦者決定トーナメントに進み、渡辺は同トーナメント進出を懸けもう1局戦うことになった(相手は堀口一史座七段)。

ところで、竜王のブログによると対局前に着座位置をめぐって両者の間で次のようなやり取りがあったらしい。

朝、下座に座って待っていると羽生二冠に「まぁまぁ、席次通りに」と言われ
渡辺「いやいや」羽生二冠「まぁまぁ」を2回ほど繰り返し、あまり拒否し続けるのも失礼なので上座へ移動。

微笑ましい情景が目に浮かぶようだ。こうした奥床しい慣習はぜひ残してほしいと思う。

追記:
この対局の完全な棋譜については、産経新聞紙上に掲載される可能性もあるようで、ネットへの掲載は3月上旬頃になるらしい。

訂正:上記文を次のように訂正します。
本対局の棋譜は3月頃に産経新聞紙上に掲載される予定で、それまではネットでも公開される可能性はない。

|

« 1月28日 | トップページ | 「別に」:ジミー・ペイジと沢尻エリカの場合 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17883698

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:渡辺竜王-羽生二冠戦:

« 1月28日 | トップページ | 「別に」:ジミー・ペイジと沢尻エリカの場合 »