« 将棋:Current Standings/1月 | トップページ | しつけとシステム »

2008年1月18日 (金)

意地悪な実験早くも終了

携帯料金の支払がダブり、はたしてそれにDoCoMoが気付くだろうかという意地悪な実験を試みたところ、一昨日(1月16日)、DoCoMoのカスタマセンターから連絡があった。

「56円を余分に頂戴していますので、今月25日以降にご指定の銀行口座にお振込にてご返金いたします。」

DoCoMoのシステムをみくびってはいけなかったようだ。とっても丁寧で適切な対応であり、因ってこれにて一件落着となったのだが(とまたぞろヘソ曲がりコメントを一つ)、最初の督促状印刷代・郵送料、私がカスタマセンターにかけたフリーダイヤル費用、2度目の督促状印刷代・郵送料、口座引落手数料、今回の連絡費用、今月末ごろの返金手数料などを合計したら、間違いなく「56円」は超えているはず。巨人企業にとっては毛ほどにも感じないだろうが、やっぱりなんだかモッタイない。

最初に私が電話をしたときに適切な措置を講じていれば、上記の費用の大半は発生せずに済んだはず。ま、そうなるきっかけを作ったのは私なのでこれ以上のコメントは控えよう。

|

« 将棋:Current Standings/1月 | トップページ | しつけとシステム »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17738283

この記事へのトラックバック一覧です: 意地悪な実験早くも終了:

« 将棋:Current Standings/1月 | トップページ | しつけとシステム »