« 流通経済大柏優勝 | トップページ | 朝青龍、2日目で土 »

2008年1月14日 (月)

斜め視点論評:サッカーのつば吐き

サッカーを見ていて毎回思うことは、なぜピッチにつばを吐くのだろうということ。

確か生理学的には、異物が口に入った場合は別にして、唾液を体外に排出することは何のメリットもないはずだが…。海外のプロ選手がやっているのを日本のプロが真似、それが高校生や中学生あたりにまで浸透してきたのだろう。その海外プロのつば吐きはもしかしたら、米国MLBでよく見かけた“かみタバコ”を吐き出す行為が大元なのではないか。

高校生や中学生あたりだと、いわゆる強豪チームの選手につばを吐く癖のある選手が多いような気がする。今日の高校選手権決勝では優勝した流通経済大柏の選手がつばを吐く様子が何度かテレビに映された。

勿論、体力的にきつくなる後半の最終盤あたりでは息が上がり、口内にたまった唾液を飲み込めなくなることはある。その場合は仕方ないだろうが、それでも今は吸水のためにレフェリーの許可を得ずに1、2歩ピッチの外に出ることは黙認されている。プレーの合間にさりげなくピッチ外に吐き出すこともできるだろうと思う。

やっている当人はかっこいいつもりなんだろうが、意味もなくつばを吐く姿は見苦しい。

|

« 流通経済大柏優勝 | トップページ | 朝青龍、2日目で土 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17692188

この記事へのトラックバック一覧です: 斜め視点論評:サッカーのつば吐き:

« 流通経済大柏優勝 | トップページ | 朝青龍、2日目で土 »