« 連勝の重み | トップページ | 世界最高価格車トップ10 »

2008年1月21日 (月)

税金のコンビニ振込み

今日1月21日から税金のコンビニ納付が始まった。バーコードの付いた納付書を持ってコンビニに行けば、電話代や電気料金のように店頭で税金を納付することができる。

対象となるのは、(1) 金額が30万円以下の所得税および法人税などで、(2) 納税額が確定しているものに限られる。また税額が確定していない場合でも、確定した後にバーコード付き納付書の発行を依頼することができる。

税金というとどうも「取られる」という感覚が払拭できず、(源泉徴収の場合は別にして)それなのになんでわざわざ時間を作って金融機関の窓口まで行かねばならないんだという不満を感じる向きも少なくなかったに違いない。かく言う私もそう。だがこのコンビニ納付なら、自分の都合のよいときに支払に行くことができ、しかも銀行に比べ圧倒的に窓口の数が多い。納税に対する抵抗感も多少はやわらぐだろう。あとは大切な税金だ、大事に有効に使ってもらいたいものである。

|

« 連勝の重み | トップページ | 世界最高価格車トップ10 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/17774295

この記事へのトラックバック一覧です: 税金のコンビニ振込み:

« 連勝の重み | トップページ | 世界最高価格車トップ10 »