« 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ | トップページ | イージス艦と漁船衝突 »

2008年2月19日 (火)

高画質DVD戦争終息へ

Photo今日にも次世代DVDフォーマットの争いが「Blu-ray」側の勝利で決着しそうだ。今回の「勝因・敗因」が何であったかの分析は専門家に任せるが、消費者の立場からするとネーミングの差が大きかったように思う。「Blu-ray」は(「Bluetooth」という少々紛らわしい名前の存在はあったが)、覚えやすく、親しみが持てたが、「HD DVD」の方は他に「HD」という略語を使った製品があまりに多く分かりにくかった。店頭でその名を言うときに間違っていないか一瞬躊躇したことが一度ならずあった。また「エイチディーディーブイディー」という音も日本語では不利に働いたと思う。

こうした企業間の規格争いで必ず引き合いに出されるのが、VHS対ベータのビデオテープ規格戦争。あの時は既にかなりの度合いで商品が普及していたため、消費者も巻き込んだ大きな社会騒動となったけど、さすがに消費者も学習し、二度と煮え湯は飲まされないぞと今回は静観する人が多かったようで、マスメディアで騒ぐほどには一般社会の反応は冷静である。

かく言う私も今回は、高額商品で丁半博打をやる気はなく、規格戦争の終息はもちろん、商品の値段がもっと手頃なレベルまで下がってくるのを待つ腹づもりだった。周囲にも購入した人はいない。

もっとも購入を手控える理由は規格戦争や価格だけではなく、観たくなるようなコンテンツが少ないという、もっと切実な問題がある。今のテレビ放送というのはニュースとスポーツ、映画、ドキュメンタリーなどを観る程度で、1日の視聴時間は1時間に満たない。その中で高画質で再度見たくなるものとなると「ない」のが実情である。

地上デジタル放送が普及するにつれてHDTVの番組が増えてきているが、BSやCSを含めて少々チャンネル数が過剰なのか、どのチャンネルも中身が伴っていない。私などはスポーツとNHKなどが制作する丁寧な作りのドキュメンタリー以外にはHDTVの恩恵というものが感じられない。

こんな状態であるから、いまだ高価格の次世代DVDレコーダーは無用としか思えないのである。はたして自分がBlu-rayのレコーダーを買うときがあるのか。録画したけど、いまだに再生したことがない試合が多数残っている2006年サッカーW杯のことを考えると、たぶん買わないんじゃないだろうか。

|

« 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ | トップページ | イージス艦と漁船衝突 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40179647

この記事へのトラックバック一覧です: 高画質DVD戦争終息へ:

« 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ | トップページ | イージス艦と漁船衝突 »