« セットリスト:エリック・モングレイン東京コンサート | トップページ | 融け忘れた雪 »

2008年2月13日 (水)

将棋ネット中継:アクセス増による問題

Photo_2今日2月13日、将棋第33期棋王戦第1局が行われた。

勝負は187手までで▲羽生善治二冠が先勝したのだが、この棋戦のネット中継に少々問題があった。

2月1日のA級順位戦第8回戦でも予想以上に多くのアクセスが殺到して、つながりにくくなったり、つながっていても突然局面が対局開始時点に戻ってしまうなどのトラブルがあったが、今日の棋王戦ネット中継では、一定時間で自動更新する設定になっていても、更新が定期的に行われず、数手から10手以上が一度に更新されるという不具合が頻繁に発生した。

このところ将棋のネット中継の人気が高まっているようで、プロバイダーもそうした変化に機敏に対応する必要がある。

棋王戦は佐藤vs羽生という人気棋士同士の対戦でもあり、これから対局が進むにつれ、将棋ファンの注目も高くなってゆくに違いない。また順位戦の方はこれから名人挑戦者をはじめ、昇級降級が決まる対戦が続く。アクセス数はこれまで以上に多くなると考えられる。早急の対策が望まれる。

追記:順位戦のネット中継(NIFTY)はバグが原因だったようで、現在は問題が解消していると名人戦速報サイトに掲載があった。これで3月3日はトラブルなく観戦できるとよいのだが。

|

« セットリスト:エリック・モングレイン東京コンサート | トップページ | 融け忘れた雪 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40113586

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋ネット中継:アクセス増による問題:

« セットリスト:エリック・モングレイン東京コンサート | トップページ | 融け忘れた雪 »