« 立春を迎えた雪だるま | トップページ | 毒餃子事件:別の成分検出 »

2008年2月 5日 (火)

アメリカ:スーパーボウルと大統領予備選

Photoアメリカン・フットボールのスーパーボウルで、ニューヨーク・ジャイアンツが前評判の高かったニューイングランド・ペイトリオッツを下し優勝。クォーターバックのイーライ・マニングは、昨年インディアナポリス・コルツのQBとしてスーパーボウルを制した兄ペイトンに続き、史上初の兄弟での連覇となった。アメリカン・フットボールに関しては、ニューヨーク・ジェッツのジョー・ネイマスから始まりジョー・モンタナあたりで更新が止まった私には試合を語る資格はないので周辺の話題を…

スーパーボウルというと毎年話題になるのがテレビ視聴者数。今年は平均で9750万人、第3、第4クォーターに限れば1億750万人が観戦した(参考)。

もう一つの話題のテレビのスポットCMは、30秒1本で270万ドルから300万ドルというスーパーな価格が設定され、35社が購入。その中にはブリヂストン(ファイアストン)、東芝、トヨタの日系企業3社も含まれていた。最も多くのスポットを買ったのは、ビールのバドワイザーでおなじみアンハウザー社で7枠を購入。

こちらで、スーパーボウルの番組中に流されたCMを見ることができる。

“スーパーサンデー”が終ったら、早くも今日は“スーパーチューズデー”。因みに今回は、史上最多の24州で同時に予備選挙または党員集会が開催されるため、“Super Duper Tuesday”(チョースーパーチューズデー)と呼ばれているようだ(参考)。

とある筋によると、次期大統領は既にヒラリー・クリントンで決まっているという。はたして、その「御宣託」が正しいか、“チョースーパーチューズデー”の結果が注目される。

|

« 立春を迎えた雪だるま | トップページ | 毒餃子事件:別の成分検出 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40002190

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ:スーパーボウルと大統領予備選:

« 立春を迎えた雪だるま | トップページ | 毒餃子事件:別の成分検出 »