« 確定申告:今日から受付開始 | トップページ | 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ »

2008年2月18日 (月)

サッカー:日本vs北朝鮮

東アジア選手権2008、日本対北朝鮮戦は1-1の引き分け。

スタメンを見て驚いた。FWは播戸と田代、DFは中澤は順当にしても、もう1人のCBは水本(実は岩政を予想していた)、右に内田、左に加地、GKは川島。ある意味、フレッシュな顔ぶれではあった。

だけど内容は顔ぶれほどには活きがよくなかった。ガチガチに守る相手と分かっているのに先制点を許し、追いつくのに60分以上を要した。攻める意識もある、意図も分からないではない。でも、バイタルエリアでのプレーの精度が低い。ピッチの状態が日本にとって不利だったのは確かだが、だとしたらプレーの内容を変更するなりの対応も必要だったろう。

結局は羽生や鈴木といった運動量の豊富な選手によって支えられていた感は否めない。また、(これは前にも書いたことだが)山岸という選手は代表戦になると別人のようになってしまうのが解せない。昨日の試合も敵陣のサイドでボールを受けながら、ほとんどバックパスを選択していた。内田は若手らしく積極果敢に攻めていたが、如何せんクロスの精度と種類が足りない。その点、途中交代の安田は数少ないチャンスで、相手GKがキャッチしにくいスピンをかけた素早いクロスで得点のお膳立てをした。

引いて守る相手にはミドルシュートとクロスというのは鉄則だが、それも事前の「崩し」があってはじめて活きる。サッカーにおいては、攻撃側は基本的に数的不利に置かれる。その中で、安田のような個人による突破や組織的なパス回し、或いはそれらを組み合わせて相手の陣形を崩してからでないと、シュートはなかなか決まるものではない。

次は中国戦。現在日本代表が遭遇し得る最高の「アウェー」である。その中で勝ち点3をもぎ取るたくましさを見せてほしい。

|

« 確定申告:今日から受付開始 | トップページ | 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40168400

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:日本vs北朝鮮:

« 確定申告:今日から受付開始 | トップページ | 近畿大学は"キンキーな大学"じゃないだろ »