« イージス艦と漁船衝突 | トップページ | DVD戦争余話 »

2008年2月20日 (水)

サッカー:日本vs中国

あれほど偏ったジャッジをされ、負傷退場者を出し、危ない位置でのフリーキックも随分と取られながら勝ったというのは評価に値する。が、サッカーの内容としては決して誉められない。

中国のセンターバックの対応が全体に遅れ気味なのは、前半安田がほぼFWの位置で動き回っていたときに分かっていたはず。なので、後半はFWをもう1枚増やすかと思っていたのだが、代えたのは左サイドバックの駒野→加地。負傷の可能性があったというのでその点は仕方ないのかもしれないが、その後の安田退場の時には播戸を入れるべきだったと思う。

選手は不利な状況でよく我慢したが、監督の采配にちょっと疑問と不満を感じた試合だった。

次はいよいよ韓国戦。これも「アウェー」になることは間違いないし、相手の力は中国の比ではない。心してかからないと、またもや2位に甘んじることになりかねない。

|

« イージス艦と漁船衝突 | トップページ | DVD戦争余話 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40197881

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:日本vs中国:

« イージス艦と漁船衝突 | トップページ | DVD戦争余話 »