« 気がかりだった人事異動 | トップページ | NHK語:「明日も開かれます」 »

2008年3月29日 (土)

400億は延命資金か

東京都民ではないので直接の利害はないが、石原東京都知事がゴリ押しで通した新銀行東京(この名前も「首都大学東京」同様、奇を衒った珍妙な名前である)への400億円追加融資には大きな疑問を感じる。

石原知事の任期は残り3年ほどで、おそらく彼が退任するまではこの400億でしのげるだろうが、利益を上げるという意識のない或いは低い連中が経営している限り、早晩行き詰まるに違いない。

石原慎太郎という人は見栄えもいいし、発言の歯切れもよい(ことがある)。いわゆる「素人受け」するタイプである。しかし、あの人の言動を見聞きしていると、根に傲慢を感じる。傲慢が犯罪を犯せるかどうかは分からないが、少なくとも道義的問題の引き金にはなる。

かつて才気に長けた「虞犯少年」であった人間が傲慢な老人となり、ついには大きな欺瞞を働いて晩節を汚すことになるような気がしてならない。

|

« 気がかりだった人事異動 | トップページ | NHK語:「明日も開かれます」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40676234

この記事へのトラックバック一覧です: 400億は延命資金か:

« 気がかりだった人事異動 | トップページ | NHK語:「明日も開かれます」 »