« 目薬の進化 | トップページ | 桜半開 »

2008年3月27日 (木)

Mission Completed.

Photoスペースシャトル・エンデバーが任務を終え、無事地球に帰還した。

今回のミッションでは日本の土井隆男さんが大型のマニピュレータを操って日本の実験棟「きぼう」の一部を国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けたほか、カナダの「Dextre ロボットシステム」も設置された。

また前回のSTS-122でISSに滞在していたフランス人宇宙飛行士Léopold Eyhartsが帰還。代わりに今回のSTS-123からアメリカ人宇宙飛行士Garrett E. Reismanが交代要員として残った。

ところで「スペースシャトル」というのは、宇宙飛行士たちを乗せて地球と宇宙を行き来する「オービター」のあだ名で、ミッションの正式名は「STS」(Space Transportation System)という。今回はその122番目にあたり、コードは「STS-123」。なぜ122番目なのに「123」と呼ばれるかだが、ミッションの番号は単純に1から、2、3・・・というように付けられておらず、たとえば「STS-51」の場合、「STS-51A」、「STS-51B」、「STS-51C」・・・と、合計10回のミッションに割り当てられている(その中の一つ「STS-51L」が、乗組員7名が犠牲になった「チャレンジャー号爆発事故」である)。

次回STS-124は今年5月打上げの予定で、日本からは星出彰彦さんの搭乗が決定している。

|

« 目薬の進化 | トップページ | 桜半開 »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40652905

この記事へのトラックバック一覧です: Mission Completed.:

« 目薬の進化 | トップページ | 桜半開 »