« 日銀総裁とうとう空白に | トップページ | アーサー・C・クラーク逝去 »

2008年3月19日 (水)

チベット問題:途中で切れた電話インタビュー

チベット式」で紹介されていたのだが、モーリー・ロバートソンという人物がラサ滞在中の日本人に電話でインタビューし、その録音をポッドキャストで公開している(こちら)。

ラサ旧市街と新市街の違いや、「ラサは周囲を基地で囲まれている」といったなまなましい描写や、インタビューを受けた日本人男性が緊張のためか繰り返す咳払い、最後に突然会話が切れ中国語と英語のアナウンスが流れる様子など、現地の緊張感が伝わってくる。

昨日(08年3月18日)のニュースで報じられたが、チベットを脱出した日本人が記者たちの問いかけに、「何も話すなと言われてる」と言っただけで一切話そうとしなかった態度にも、彼らがくぐり抜けてきた危険の大きさが感じられた。

|

« 日銀総裁とうとう空白に | トップページ | アーサー・C・クラーク逝去 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40556752

この記事へのトラックバック一覧です: チベット問題:途中で切れた電話インタビュー:

« 日銀総裁とうとう空白に | トップページ | アーサー・C・クラーク逝去 »