« 将棋:三段リーグ終了 | トップページ | 日銀総裁人事のごたごた »

2008年3月11日 (火)

宇宙実験棟「きぼう」

2スペースシャトル「エンデバー」はつい先ほど、米国東部標準時11日午前2時28分(日本時間同日午後3時28分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターから予定通り打ち上げられた(写真はNASA)。

今回の最大のミッションは日本の実験棟「きぼう」の設置作業である。先日紹介した欧州宇宙機関の実験棟「コロンバス」のとなりに取り付けられる予定になっている。

今回取り付けられるのは「きぼう」の一部だが、それでも重さは4トンあり、NASA宇宙飛行士中でもトップクラスの技量といわれる土井隆雄さんにとっても決して容易な作業ではない。

米国東部標準時11日午前2時36分(日本時間同日午後3時36分)、エンデバーのメインエンジンが予定通り切られ、午前2時45分(同午後3時45分)無事軌道に乗った。ミッションの今後の展開は、こちらで確認することができる。

|

« 将棋:三段リーグ終了 | トップページ | 日銀総裁人事のごたごた »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40464698

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙実験棟「きぼう」:

« 将棋:三段リーグ終了 | トップページ | 日銀総裁人事のごたごた »