« 「ねんきん特別便」来たる | トップページ | 誤訳といふものは »

2008年3月23日 (日)

明徳勝つ

大相撲春場所は横綱朝青龍が優勝。12日目、13日目と連敗したときはスタミナ切れかと思われたが、どうにか千秋楽の横綱相星決戦にまで持ち込んだ。結びの一番で白鵬に勝ち22回目の優勝。

朝青龍明徳が優勝したこの日、選抜高校野球ではその朝青龍の出身校であり、名前の由来ともなった明徳義塾が1回戦で勝利。

ところで、勝ち星は決して自慢できるものではないが、両横綱が最後まで優勝争いを演じるという、現時点では望み得る最高の展開で盛り上がりを見せた今場所。しかし「満員御礼」は10日間で、全15日間とはならなかった。相撲協会はこの事実を謙虚に受け止め、長期的対策を講じる必要があるだろう。

|

« 「ねんきん特別便」来たる | トップページ | 誤訳といふものは »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40613309

この記事へのトラックバック一覧です: 明徳勝つ:

« 「ねんきん特別便」来たる | トップページ | 誤訳といふものは »