« 桜半開 | トップページ | サッカー:U-23日本vsアンゴラ »

2008年3月27日 (木)

サッカー:日本vsバーレーン

サッカーW杯アジア地区3次予選の2回戦が行われ、日本はバーレーンに0-1で負けた。

まだ4試合あり、グループ2位でも最終予選に進めるので悲観するべき状況ではないが、昨日の試合は内容が悪すぎた。結果、0-1だったが、もっと得点差がついてもおかしくなかった。

確か就任後の記者会見だかで岡田監督は、選手同士を狭い地域に密集させてプレーさせるといった趣旨の発言をしていたと思うが、それは要するに「コンパクトなサッカー」ということだろう。言い換えるなら、日本のようなパスを主たる武器とするサッカーでは、味方の選手同士が離れていては勝てないということだ。

しかし昨日の試合を見る限り、それが実現されていたとは思えない。バーレーンのサッカーはある意味単純である。個々のプレーヤーが走り回って中盤のスペースを消し、日本に自由にパスを回させない。局地戦ではフィジカルの強さで相手に当たり勝ちすることを狙う。事実、前半日本の選手はそうしたバーレーンの戦い方に余裕を失い、縦へ縦へと意識が行っていた。

ただしそれでも前半を0-0で折り返したのだから、上出来だったと言える。問題は後半で、おそらく日本は、バーレーンの足が止まると予想していたのだろう。事実、前半に比べれば相手の運動量は減ってきたが、それでもここぞという時の動きは健在で、得点の場面でもサイドの選手がよく走っていた。あの大きな展開を許した時点で日本の失点は決まったようなものだ。

後半の後半、バーレーンの選手は試合開始当初から動き回ったツケで2人、3人と痙攣を起こす選手が続出。それに対し、日本側は1人もへたり込まない。それを見ただけでも、相手が如何に労を惜しまず、スペースを消し続けたかが分かる。

6月の4連戦、このままでは「2位死守」に目標を設定しなければならなくなりそうだ。

|

« 桜半開 | トップページ | サッカー:U-23日本vsアンゴラ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40654486

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー:日本vsバーレーン:

« 桜半開 | トップページ | サッカー:U-23日本vsアンゴラ »