« 中国、五輪ボイコットの歴史 | トップページ | 聖火リレーの形骸化 »

2008年4月 9日 (水)

将棋:第66期名人戦第1局

Photo昨日から始まった第66期名人戦、今日は椿山荘に行くつもりでいたのだが、仕事のため断念。よって、いつものネット観戦にしたのだが、こちらも長い時間は観ていることができない。

先ほどNHK BSの夕方の放送をどうにか見ることができた。その時の△8六同飛には驚いた。なぜって、私の読み通りだったから。ここぞという時の羽生の指し手はだいたい当たらないものだが、今日のこの手だけは当たってしまった。

さてこの後どういう展開になるのか。残念ながら、ずっと観戦しているわけにはいかないので、時折のぞくことにする。

ところで今期から、毎日と朝日2社の共同開催になったことに伴い、次のような変更があった。

  1. 副立会人が毎日担当と朝日担当の2人に
  2. 1日目の指し掛け(封じ手)の時刻が午後6時半に(従来は午後5時半)
  3. 2日目の夕食休憩(1時間)がなくなり、午後6時から30分間の休憩に
  4. 第1局だけの試みとして記録係2人体制をテスト

1と2は結果報道を翌日の朝刊に間に合わせるための措置。

追記:つい先ほど、午後8時50分頃終局。97手で先手森内名人の勝ち。△58手目の8六同飛がやはり疑問手だったか。或いはそのさらに前の56手目8六歩からの攻めの構想に無理があったか。好手と言われた6二銀が働かなかったのが大きかったような気がする。

|

« 中国、五輪ボイコットの歴史 | トップページ | 聖火リレーの形骸化 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40828337

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第66期名人戦第1局:

» 【将棋】第66期名人戦七番勝負第1局・森内名人先勝 [TOEIC990点を目指す。]
JUGEMテーマ:学問・学校 将棋:森内名人が羽生王将を降し先勝 名人戦第1局(毎日新聞) 将棋:第66期名人戦七番勝負 第1局 多くのファン、熱戦を見守る /東京(毎日新聞) 第66期名人戦七番勝負第1局。 森内名人vs羽生二冠。 結果は、先手・森内名人の勝ち。 羽生二冠の58手目△8六同飛がどうだったか。 敗着がはっきりしているので、第2局へ尾を引くものではないだろう。 第2局も熱戦を期待しよう。... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 22時16分

« 中国、五輪ボイコットの歴史 | トップページ | 聖火リレーの形骸化 »