« 将棋:第66期名人戦 | トップページ | 中国、五輪ボイコットの歴史 »

2008年4月 8日 (火)

逆聖火リレーの逆効果

Torchlogoよく知られているように、近代オリンピックの聖火リレーは1936年のベルリン五輪の際に初めて採用されたもので、ナチス・ドイツのプロパガンダのためとも、後のヨーロッパ侵攻の下調べのためだったとも言われている(左はアムネスティ・インターナショナルなどによる「人権聖火リレー」のシンボルマーク)。

また、聖火リレーというのは五輪発祥の地ギリシャで太陽光から採火したものを開催地まで運ぶために行われてきたのであり、今回のように開催地に到着した後、火を分けて世界各国を回るというのは、その本来の姿からすると逆方向ということになる。

イギリスとフランスでは、中国のチベットへの弾圧に抗議する人々が聖火リレーを妨害し、火が消されたり、リレーが中止される騒ぎになっている。

報道規制を敷き、情報操作を行ってまで、チベット問題の拡散を抑え込もうとしている中国政府の意図に相反し、聖火リレーは今、チベット問題をはじめとする中国の人権侵害に世界中の目を向けさせる結果になっている。火が回る方向も逆ならその効果も逆という皮肉な聖火リレーである。

|

« 将棋:第66期名人戦 | トップページ | 中国、五輪ボイコットの歴史 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40813552

この記事へのトラックバック一覧です: 逆聖火リレーの逆効果:

« 将棋:第66期名人戦 | トップページ | 中国、五輪ボイコットの歴史 »