« コンビニ納税利用者順調に増加 | トップページ | 善光寺と長野県警の決断 »

2008年4月19日 (土)

将棋:歴代タイトル獲得者

Photo現在、第66期名人戦七番勝負が行なわれているが、将棋界にはその名人戦を含め7つの公式タイトルがあり、1937年(昭和12年)2月11日に木村義雄八段(当時)が第1期実力制名人位決定戦において優勝し名人位に就いて以来、2008年3月28日第33期棋王戦において佐藤康光九段が棋王位を防衛するまでの71年間に公式タイトルを取った者は合計33名に上る。

1935年(昭和10年)に開始された上記の第1期名人位決定戦以来、名人位決定戦および順位戦に参加した棋士は294名。タイトル獲得者の割合は11.2%、約8.9人に1人という計算になる。

この数字が多いか少ないかは人それぞれに見方があるだろう。私個人としては意外に多いというのが率直な感想である。

以下に公式タイトル獲得者の一覧を示す。タイトル別、初就位年順となっている。棋聖戦は1962年から1994年までは前後期の年2期制だった。九段戦は1950年~1961年、十段戦は1962年~1987年までそれぞれ開催され、1988年からは竜王戦へと発展解消する形で廃止となった。

棋士名名人竜王棋聖王位王座棋王王将十段九段
1 木村義雄 1937  -   -  -  -  -  -  -  -
2 塚田正夫 1947  -   -  -  -  -  -  - 1952
3 大山康晴 1952  - 1962後 1960 (1953)  - 1952 1962 1950
4 升田幸三 1957  -   -  -  -  - 1951  - 1956
5 中原 誠 1972  - 1968前 1973 (1969) 1979 1972 1970  -
6 加藤一二三 1982  -   - 1984  - 1976 1978 1968  -
7 谷川浩司 1983 1990 1991後 1987 1990 1985 1991  -  -
8 米長邦雄 1993  - 1973前 1979  - 1978 1982 1984  -
9 羽生善治 1994 1989 1993前 1993 1992 1990 1995  -  -
10 佐藤康光 1998 1993 2002  -  - 2006 2001  -  -
11 丸山忠久 2000  -   -  -  - 2002  -  -  -
12 森内俊之 2002 2003   -  -  - 2005 2003  -  -
13 島  朗  - 1988   -  -  -  -  -  -  -
14 藤井 猛  - 1998   -  -  -  -  -  -  -
15 渡辺 明  - 2004   -  -  -  -  -  -  -
16 二上達也  -  - 1966前  -  -  - 1962  -  -
17 山田道美  -  - 1967前  - (1967)  -  -  -  -
18 内藤國雄  -  - 1969後 1972 (1982) 1974  -  -  -
19 有吉道夫  -  - 1972後  -  -  -  -  -  -
20 森 雞二  -  - 1982前 1988  -  -  -  -  -
21 森安秀光  -  - 1983前  -  -  -  -  -  -
22 桐山清澄  -  - 1986前  - (1975) 1984  -  -  -
23 南 芳一  -  - 1987後  -  - 1988 1987  -  -
24 田中寅彦  -  - 1988前  -  -  -  -  -  -
25 屋敷伸之  -  - 1990前  -  -  -  -  -  -
26 三浦弘行  -  - 1996  -  -  -  -  -  -
27 郷田真隆  -  - 1998 1992  -  -  -  -  -
28 高橋道雄  -  -   - 1983  - 1986  - 1987  -
29 深浦康市  -  -   - 2007  -  -  -  -  -
30 小堀清一  -  -   -  - (1956)  -  -  -  -
31 松田茂行  -  -   -  - (1957)  -  -  -  -
32 丸田祐三  -  -   -  - (1960)  -  -  -  -
33 本間爽悦  -  -   -  - (1961)  -  -  -  -
34 灘 蓮照  -  -   -  - (1963)  -  -  -  -
35 塚田泰明  -  -   -  - 1987  -  -  -  -
36 福崎文吾  -  -   -  - 1991  -  - 1986  -
37 大内延介  -  -   -  -  - 1975  -  -  -
38 中村 修  -  -   -  -  -  - 1985  -  -

追記:拓庵さんからのご指摘をいただき表の一部を修正した。米長邦雄の項に「棋王 1978年獲得」を追加。王座戦は公式タイトルとなった第31期(1983年)以降の就位者をカウントの対象とし、30期以前については参考扱いとした。

その結果、「合計38人」を「合計33人」に、「13%」を「11.2%」に、「7.7人に1人」を「8.9人に1人」にそれぞれ変更した。ただ私の感想「意外に多い」の部分は不変。どうやら私は20人台を予想していたらしい。その点にも気付かせてくださった拓庵さんに感謝申し上げる次第である。

また上記以外にも不備、誤記等があればご指摘を。

|

« コンビニ納税利用者順調に増加 | トップページ | 善光寺と長野県警の決断 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

こにんちは。将棋関係の記事は時々、拝見させていただいています。

いくつか気がついたことがあるので、コメントさせていただきます。

米長邦雄現連盟会長は1978年度に棋王位を獲得し、いったん失冠するも1980年度に再び復帰し、4連覇しているはずです。
(私は昔米長ファンだったので)

王座戦は公式タイトルになったのは、1983年の第31期からなので、それ以前の優勝者5名を外すとタイトル獲得者の比率も少しかわるかもしれませんね。

「将棋タイトル戦」のサイトに詳しく掲載されています。
http://shogititle.nobody.jp/

投稿: 拓庵 | 2008年4月20日 (日) 09時23分

拓庵さん

ご指摘をいただき誠にありがとうございました。早速、上記のように訂正いたしました。米長永世棋聖は私も好きな棋士の1人でした。毀誉褒貶いろいろある方ですが、私には「憎みきれないいたずら小僧」(失礼)といった印象があります。
「栄枯盛衰・前途洋洋」は渡辺明ブログから知り、時々拝読させていただいております。
また誤りなどがありましたら(あまりあってはいけないのですが^^;)ご指摘のほどお願い申し上げます。

投稿: Jack | 2008年4月20日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40922472

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:歴代タイトル獲得者:

« コンビニ納税利用者順調に増加 | トップページ | 善光寺と長野県警の決断 »