« 党首討論雑感 | トップページ | 男子ホッケー敗退 »

2008年4月12日 (土)

ホッケー

テレビでホッケーを観た。北京五輪の最終予選で、これに勝つと五輪出場権を得ることができる。

先ほど終了した最終戦で日本はマレーシアと引き分け、2位となり、明日(08年4月13日)1位のドイツと五輪出場をかけてプレーオフを戦うことになった。

このホッケーというスポーツ、案外面白い。

ホッケーと聞くと私たちの世代はインドとパキスタンが2強と反射的に考えてしまうのだが、今や世界の勢力図はまったく違うようだ。

日本は男子が世界ランキング11位  、女子にいたっては6位である。共にサッカーのランキングをはるかに上回っている。

日本の場合、女子チームは既に五輪出場を決めている。今戦っているのは男子チームであり、出場を決めれば1968年のメキシコ五輪以来40年ぶりの快挙となる。

しかしそれはたやすいことではない。明日対戦するドイツとはこの最終予選で既に一度戦い、0-4で負けている。そのドイツ、国際ホッケー連盟のランキングで世界1位のチームである。もっとも世界ランキング1位がなぜ最終予選まで五輪出場を決められずにいるのかという疑問はある。サッカーの強豪国のような絶対的強さではないのかもしれない。明日の対ドイツ戦、注目である(テレビ中継はNHK BS1で午後2時5分から)。

|

« 党首討論雑感 | トップページ | 男子ホッケー敗退 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/40857495

この記事へのトラックバック一覧です: ホッケー:

« 党首討論雑感 | トップページ | 男子ホッケー敗退 »