« 将棋:親子/兄弟特別ルール | トップページ | コーヒー温度 »

2008年4月29日 (火)

「米つきバッタ」

昨日の「将棋:親子/兄弟特別ルール」にいただいたbaldhatterさんのコメントを読んでいて思い出したことがあり調べてみたところ不思議なことに気づいた。

思い出したこととは「ゴルフ、碁、小唄」の「3ゴ」について、植木等のヒット曲“無責任一代男”(上のビデオ)に「ゴルフに、小唄に、碁の相手、なんとか課長になったぁ」という一節があり、この歌がヒットした頃小学生だった私はおそらく、これでこの3つの言葉をセットとして覚えたのだと思う。ただそれが出世に役立つ「三種の神器」であることや、「3ゴ」という言葉についてははずっと後になってから知った。

この歌で覚えた言葉がもう一つあった。それが「米つきバッタ」。広辞苑には「米搗き飛蝗:ショウリョウバッタの別称。後脚をそろえて持つと、米を搗くような動作をするからいう」と説明があり、第2義として「やたらに頭をさげて媚びへつらう人」とある。

私の記憶にあった“無責任一代男”の歌詞(3番)は次のようなもの。

会社に入ってからは
上役に米つきバッタ
ゴルフに小唄に碁の相手
なんとか課長になった
ところがネットで調べてみると歌詞はすべて、
会社に入ってからは
上役に毎日ゴマすり
ゴルフに小唄に碁の相手
なんとか課長になった

となっている。上に挙げたビデオでも「毎日ゴマすり」と歌っている。私の記憶違いで、別の機会に知った「米つきバッタ」という言葉をこの歌の歌詞に勝手にはめ込んで覚えてしまったということなのだろうか…。或いは何かの事情で歌詞を変更したのか。不思議なことではある。

ついでながら、最後(6番)の歌詞に出てくる「人生で大事なことは タイミングにC調に無責任」の「C調」とは本来は「ハ長調」の意味で、また「調子」をひっくり返した言葉でもあり、「あいつはC調だ」と言えば、「明るくて調子のいい奴、軽薄な奴」となる。元々は音楽業界の隠語。サザンオールスターズの“C調言葉に御用心”で知った人も多いだろうが、歌ではこの“無責任一代男”(1962年発表)が初出ではないだろうか。40数年前の当時、流行語大賞があったら受賞していたかもしれない流行り言葉である。

|

« 将棋:親子/兄弟特別ルール | トップページ | コーヒー温度 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

> 何かの事情で歌詞を変更したのか

たまたま Jack さんがご覧になった歌番組でだけ歌詞が変更され、そのバージョンが記憶に残ったという可能性はあるかもしれません。
で、その歌番組はゴマ会社がスポンサーだったので、「ゴマすり」というマイナスイメージの単語を避けた、とか。

投稿: baldhatter | 2008年4月29日 (火) 23時12分

なるほど、山口百恵の“プレーバック・パートⅡ”(古い^^;)の「真っ赤なポルシェ」もNHKでは「真っ赤な車」に変貌してしまうようなものですかね。
植木等と一緒に歌うと分かるのですが(いや、一緒じゃなくてもいいんですが)、「上役に毎日ゴマすり」よりも「上役に米つきバッタ」の方がメロディには合っているんですよね。後は、早い段階でプレスされたシングル盤あたりを聞けば疑問が解決するかもしれないのですが、さすがにそこまで手間ひまをかけている余裕がありません。

投稿: Jack | 2008年4月29日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41029825

この記事へのトラックバック一覧です: 「米つきバッタ」:

» # とつぜん変わる歌詞 [禿頭帽子屋の独語妄言 side A]
Jack さんのブログでおもしろい話を発見。 ネタ元: Party in Pre [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 23時29分

« 将棋:親子/兄弟特別ルール | トップページ | コーヒー温度 »