« 比べるもんじゃないが… | トップページ | 福田さんが会えるのは40±何人? »

2008年5月27日 (火)

横綱同士のにらみ合い

夏場所千秋楽結びの一番で勝負が決した後、両横綱が土俵上でにらみ合うというトラブルがあった。しかし今回のこの問題は起こるべくして起こったと言える。

その遠因は、以前から「ダメ押し」を繰り返す朝青龍を放置してきた、相撲協会の指導部と高砂親方の無責任な対応にある。そして直接的に影響した背景としては、優勝を逃した苛立ちが両横綱の心にあったということだろう。

外国人力士が幕内上位に上がり、横綱、大関と重要な地位を占めるにつれ、また昨今の“品格ブーム”の影響もあってか、「横綱の品格」という言葉を頻繁に耳にする。そうした言葉を口にする人の心には「横綱とはかくあるべし」という“理想像”があるのだろう。

しかしその“理想像”を果たして今の現役力士のどれくらいが共有しているのかとなると、甚だ心許ない。以前にも書いたことだが、日本人であれば“常識”であることも(最近ではこう断言するのも躊躇するが)、外国で生まれ育った人たちには、適切な教育・学習の場を与えない限りは決して理解することはできない。

大相撲には相撲研修所という制度があるが、それがどの程度機能しているのか。ごく限られた知識・情報ではあるが、本気で講義を聴いている力士はほぼ皆無だとのことである。研修成果を確認する試験も有名無実だといった話も聞く。

さらに研修所はいわば“教育の場”であり、日常の“しつけ”を担う親方たちが果たしてどれだけ、“教育・しつけのノウハウ”を身に付けているのかもきわめて疑問である。

今の大相撲では、「親方株」を持っていれば部屋を持つことは可能である。が、それを運営し、弟子を育ててゆくための知識・技能を、親方たちはどうやって獲得するのだろうか。自分が体験した相撲界の“伝統”を基盤とするのではないだろうか。

日本語教育ひとつを取っても、朝日新聞の記事などによれば基本的には成り行き任せ、本人任せの感を拭えない。稽古にしても、スポーツ生理学などの知識が取り入れられているといった話は聞いたことがない(それが怪我の頻発につながっていると考える)。

モンゴルをはじめとする外国人力士が土俵の中心を占めつつある現在、相撲文化の教育など広範な技能を含む指導者の資格認定といったことを本気で考えるべき時だろうと思う。それには「親方株」の廃止ないし協会保有とする必要があるだろうが、それがどれほどの難事かを知らないわけではない。だが大相撲の将来を考えるなら、指導者になる者にその“資質”、“資格”を問う制度を設けてゆかなければ、やがて力士の育成ができなくなる可能性がある。

これも以前の発言の繰り返しになるが、相撲界の伝統的手法というのは“育成システム”ではなく“淘汰システム”としての意味合いがはるかに強い。貴重な人材を確実に育て上げるためには“育成”を中心とするシステムを構築することが急務だろう。それには入門から一定期間は協会直轄の機関で全員を教育・育成するといった方法も考えるべきではないか。昔のように新弟子300人から横綱1人が生まれればよいなどと悠長なことを言っていられるほど、相撲界が置かれた状況は生易しいものではないと思う。

神事に由来するという相撲のアイデンティティに関しては、それが“興行”としての成功に大いに貢献していることは確かである。これから相撲取りになるという若い人たちには、その面から相撲取りの品位の重要性を説くのも一つの方策かもしれない。

それと、問題となった取組みにおける朝青龍のダメ押しを「自然なもの」であるとして不問にした元横綱の目は節穴だと言いたい。朝青龍は「やっても誰も文句は言わない」と知っているから、手を止めようとしなかった。ところが、当の相手である白鵬から予想外の反撃をくらって驚いた。白鵬と向き合ったときの朝青龍は明らかに怯えていた。

外国に人材を求めざるを得ない相撲界は、相撲の“伝統”を守り、以って興行としての成功を確保しなければならず、外国人を力士に育て上げる過程では、彼らを“日本化”せざるを得ない状況にある以上、組織のトップから末端まで“再教育”を徹底する必要があるだろう。

【追記】相撲協会の北の湖理事長が両横綱を呼んで、口頭で厳重注意したということだが、最初朝青龍については不問にした理事長自身の責任については何ら言及せず、「これから2人が横綱としてしっかりとすれば、ファンもわかってくれるだろう」で幕引きを図るとはあまりに無責任だ。この人がトップである限り、大相撲が良い方向に変わってゆくことはないだろう。

|

« 比べるもんじゃないが… | トップページ | 福田さんが会えるのは40±何人? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41345038

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱同士のにらみ合い:

« 比べるもんじゃないが… | トップページ | 福田さんが会えるのは40±何人? »