« EURO 2008決勝審判はロゼッティ氏 | トップページ | セリーヌ・ディオン:A New Day »

2008年6月27日 (金)

2010年W杯アジア最終予選組合せ

08年6月27日、マレーシア・クアラルンプールで2010年W杯アジア最終予選の組合せ抽選が行われ、日本はオーストラリアやバーレーンと共にグループAになった。

Group AGroup B
オーストラリア(35位) 韓国(45位)
日本(38位) イラン(48位)
ウズベキスタン(58位) サウジアラビア(54位)
バーレーン(72位) UAE(95位)
カタール(83位) 北朝鮮(118位)
カッコ内はFIFAランキング 

なお、日本の試合日程は次の通り。

日付対戦相手
2008年9月6日 バーレーン(A)
2008年10月15日 ウズベキスタン(H)
2008年11月19日 カタール(A)
2009年2月11日 オーストラリア(H)
2009年3月28日 バーレーン(H)
2009年6月6日 ウズベキスタン(A)
2009年6月10日 カタール(H)
2009年6月17日 オーストラリア(A)

2009年6月の日程は、バーレーン、ウズベキスタン、カタールがホームとアウェーの2試合ずつ、オーストラリアがアウェー1試合、ホーム2試合の合計3試合。これに対して、日本はアウェー2試合、ホーム1試合という、このグループで最も厳しい日程であり、しかも最終戦がアウェーでのオーストラリア戦。グループ最強のライバルとこの段階で戦うまでに、予選突破を決めておきたい。

|

« EURO 2008決勝審判はロゼッティ氏 | トップページ | セリーヌ・ディオン:A New Day »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41665553

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年W杯アジア最終予選組合せ:

« EURO 2008決勝審判はロゼッティ氏 | トップページ | セリーヌ・ディオン:A New Day »