« EURO 2008準々決勝スペイン対イタリア | トップページ | 2010年W杯アジア3次予選:バーレーン戦 »

2008年6月23日 (月)

将棋:第79期棋聖戦第2局

羽生が勝てない。

一昨日(08年6月21日)の棋聖戦第2局、羽生は第1局に続きまたも敗れた。将棋の内容についてはさておき、6月に入って3週間で6局という対局数の多さがやはり負担になっているのだろうか。

プロの将棋は勝てば勝つほど対局数が増える仕組みになっている。対局数が棋士の実力を表す指標の一つと言える。その意味では喜ばしいのだが、平均で1週間に2局、年間になおすと100局前後というのは異常な多さといえるだろう。

これで対佐藤戦は4連敗。一方の佐藤康光二冠(棋聖・棋王)は現在棋聖戦6連覇中。持ち時間4時間、1日指切り制、五番勝負のこの棋戦と相性がいい。

羽生は2度目の“年間グランドスラム達成”のためには、もう負けられない状況となった。

|

« EURO 2008準々決勝スペイン対イタリア | トップページ | 2010年W杯アジア3次予選:バーレーン戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41622403

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第79期棋聖戦第2局:

« EURO 2008準々決勝スペイン対イタリア | トップページ | 2010年W杯アジア3次予選:バーレーン戦 »