« 新たな“都市伝説”または酒席のネタ | トップページ | EURO 2008グループD 3回戦 »

2008年6月18日 (水)

EURO 2008グループC 3回戦

08年6月18日未明(日本時間)、EURO 2008グループC 3回戦2試合が同時キックオフで行なわれ、オランダがルーマニアを2-0で、イタリアがフランスを同じく2-0で降した。その結果、既に決勝トーナメント進出を決めていたオランダに続き、イタリアが2位通過となった。

グループCオランダイタリアルーマニアフランス
*オランダ 3 0 0 9 +8
*イタリア 1 1 1 4 -1
ルーマニア 0 2 1 2 -2
フランス 0 1 2 1 -5
*=決勝トーナメント進出、点=勝ち点、差=得失点差

オランダはサブのメンバーを中心にした編成ながら、つなぐサッカーに徹してルーマニアを2-0で一蹴。ロッベンはまだ本調子でないのか、途中交代したが、今大会はロッベンをスーパーサブ的に使ってもいいだろう。それぐらいに今のオランダはチームとしての厚みがある。

ルーマニアは、オランダと同タイプのサッカーながら攻撃力やプレーの精度、スピードで一歩も二歩も後れを取っていた。特に攻撃ではムトゥ一人に頼らざるを得ない状況が多く、厚みがなかった。FWの強化が必要だろう。

イタリアはセットプレーからの2点でフランスを降したが、この2チームは、どちらが“より不調”かで勝敗が決したような感がある。ただ予選リーグで苦戦した強豪チームが決勝トーナメントで好成績を残した例は数多くあり、今回のイタリアにもそんなサプライズを期待したい。

フランスは前回2006年W杯での“ジダンの復帰”のような特効薬がない以上、今回の予選敗退で監督の交代を含め大幅なチームの刷新が進むだろう。その中で、中盤でボールを散らす役割を担える選手が出てくるかどうか。リベリはやはりサイドアタッカーとしてその良さが発揮できる選手であり、新しいタレントの出現が望まれる。その意味で、ナスリのプレーをもっと見たかった。EURO 2008後に開始される2010年W杯予選までさほど時間的余裕はない。世代交代は急がなければならない。

|

« 新たな“都市伝説”または酒席のネタ | トップページ | EURO 2008グループD 3回戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
フランスが敗退したので、まわりのフランス人ががっかりしています。みんな、フランスチームの選手が「年寄りばっか」と、Jackさんが指摘されているように世代交代の必要性を口にしています。カナダは移民の国ですし、モントリオールには小さいながらリトルイタリーやらポルトガル街やらがあります。試合の行方によって各界隈に活気がみなぎります。それに対してカナダ人は、、、欧州人の友だちがいれば一緒に盛り上がっていますが、だいたいの人はだた横を通り過ぎているみたいです。

投稿: pompon | 2008年6月18日 (水) 23時15分

pomponさん、こんばんは
そう言えば、カナダってイギリス系のスポーツではラグビーが思い浮かびますが、サッカーはあまり盛んでないようなイメージがあります。確かCommonwealthのメンバーだと思いますが、スポーツに関してはアメリカ系がメインのようですね。
フランスも若い選手はいるのですが、どうも監督の頭が年寄りじみているようで…。おっと他国の悪口はやめましょう。
これからもあちらで、「カナダ事情」のようなエッセイをたくさん書いてください。楽しみにしています。

投稿: Jack | 2008年6月18日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41570029

この記事へのトラックバック一覧です: EURO 2008グループC 3回戦:

« 新たな“都市伝説”または酒席のネタ | トップページ | EURO 2008グループD 3回戦 »