« 将棋:第79期棋聖戦第1局 | トップページ | オフサイドではなかった:UEFA公式発表 »

2008年6月11日 (水)

EURO 2008グループD 1回戦

EURO 2008も4日目を迎え、参加16ヶ国が出揃った。最後に登場のグループDでは、スペインとスウェーデンがロシアとギリシャを破った。ラウルが抜けたスペインは、この日ビジャが“きれきれ”でハットトリック達成。スウェーデンはラーションが精力的に動き回って、先制点をお膳立て。その一瞬だけギリシャDF陣の足が止まり、イブラヒモビッチが抑え気味に振り抜いた右足から蹴り出されたボールがネットに突き刺さった。決めた本人が一番信じられないといった様子で、仲間に祝福されてからようやく笑顔に。

グループDスペインスウェーデンギリシャロシア勝点得失差
スペイン     1 0 0 3 +3
スウェーデン     1 0 0 3 +2
ギリシャ     0 0 1 0 -2
ロシア      0 0 1 0 -3

1回戦が終わった段階で、強豪チームではオランダ、ドイツ、スペインがよい。フランスとイタリアは残り2試合での奮起が必要だ。ポルトガルは試合を見ていないので判断保留。スウェーデンは今日のようなベストメンバーをいつまで組めるかがカギか。前回王者のギリシャは少々攻めあぐねていた感があり、攻撃のオプションを広げる必要がある。

|

« 将棋:第79期棋聖戦第1局 | トップページ | オフサイドではなかった:UEFA公式発表 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41500910

この記事へのトラックバック一覧です: EURO 2008グループD 1回戦:

« 将棋:第79期棋聖戦第1局 | トップページ | オフサイドではなかった:UEFA公式発表 »