« EURO 2008グループB 3回戦 | トップページ | 新たな“都市伝説”または酒席のネタ »

2008年6月17日 (火)

将棋:羽生、名人復位成る


 

 

第66期将棋名人戦第6局は105手で挑戦者の羽生善治二冠が森内俊之名人を降し、通算成績4勝2敗で5期ぶりに名人に復位。併せて、通算5期獲得の規定により第十九世名人の資格を得た(名乗るのは引退後)。

専門家の解説をまたねばならないが、後手森内が46手目に打った△9二角が最後まで働かなかった(羽生からすれば働かせなかった)のが大きかったか。逆にその前41手目に羽生が6七に打った角は睨みが強く、最後は相手玉の詰めにも直接関与するなど大きな働きをした。

夕食休憩時の局面は下図の通り(それまでの指し手などについてはこちら)。

68   

 

 

 

 

 

 

上図から

▲5三桂成  △2四歩 
▲5二成桂  △8五桂 
▲8六銀    △6四桂 
▲7五金    △6六歩  
▲4五角    △6五角 
▲同金       △7六桂 
▲9八玉    △6八桂成 
▲4一角    △3三玉 
▲3二金まで 

6_2

   

|

« EURO 2008グループB 3回戦 | トップページ | 新たな“都市伝説”または酒席のネタ »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41562977

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:羽生、名人復位成る:

« EURO 2008グループB 3回戦 | トップページ | 新たな“都市伝説”または酒席のネタ »