« W杯予選 on 入梅の日 | トップページ | 米国大統領選候補者指名:オバマ候補勝利 »

2008年6月 4日 (水)

今どき高校生の放課後

午後、電車に乗ると帰宅する高校生たちに遭遇することがある。特に耳をそばだてなくとも、あけっぴろげなその会話が聞こえてくる。他の乗客もいるため、あまり“プライベート”な話題は出てこないが、それだけに“聴衆”にも分かりやすい内容が多い。

先日、高校生の女の子4人組が電車に乗ってきて、私の直ぐ後ろに立った。電車のドアが閉まる前から早速おしゃべり開始。最初は授業のことなどを話していて、「この子たちはエライなぁ」などと思っていたら、1人が「ねえ、ちょー腹減ったんだけど」、別の1人が「マックに行こうか」と提案し商談成立。2つ先の横浜駅で降りて、マックに行くことになった。

すると最初の1人が「マックのあと、どっか遊びに行かね?」と尋ね、3番目の子が「カラオケ、行くべ」と答え、これも即座に決定。

電車が横浜駅に着いた。その時、最もドア寄りに立っていた4番目の子が突然、「あれ、保土ヶ谷はぁ!?」と大きな声で仲間に聞いた。仲間の1人が「保土ヶ谷はさっき止まったじゃん」と答えると、質問した子が「え~、全然分かんなかった」。他の3人が大笑いしたのは当然のこと、私もつられて笑ってしまった。

ドアが開き4人が降りる時、誰かが「ねえ、今日はひとりカラオケにする?」と仲間に尋ねた。彼女たちより後に降りた私には、それに対する返事がどうであったかは聞こえなかった。

「ひとりカラオケ」とは何か? それは数人のグループでカラオケに行っても、各自が別々の部屋を借り、1人だけでカラオケを楽しむことだそうである。それが果たして楽しいのかどうか、私には判断がつかないが、今の高校生、特に女の子たちの間では比較的よく見られる現象らしい。最初から1人で出かけてゆき、部屋を借りて歌うのであれば納得もできるが、グループでゆきながら、一人ひとりばらばらになる…。マクドナルドの店内で同じテーブルに座り、互いにケータイやゲーム機を操作して一言も話しをしないカップルもいるのだから、別に不思議とは思わないが奇妙な“遊び方”である。

ところで、彼女たちのその後の行動と予算だが、ハンバーガー店では“\100マック”のドリンクと食べ物を注文し(200円)、だいたい1時間ほどすごし、カラオケは“平日学生半額”の店でサービスタイムをフルに活用して2~3時間歌って500円ほど使う。しめて700円で4時間あまりを“有意義”にすごすことができる。バブル後に生まれた平成っ子たちは、バブリーな親たちに比べはるかに堅実である。

|

« W杯予選 on 入梅の日 | トップページ | 米国大統領選候補者指名:オバマ候補勝利 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

女子高生、マック、カラオケ。
あまりに定番すぎて、三題噺にもならない組み合わせですね。でも「ひとりカラオケ」は知りませんでした。

投稿: baldhatter | 2008年6月 4日 (水) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41422562

この記事へのトラックバック一覧です: 今どき高校生の放課後:

« W杯予選 on 入梅の日 | トップページ | 米国大統領選候補者指名:オバマ候補勝利 »