« EURO 2008グループA 1回戦 | トップページ | EURO 2008グループB 1回戦 »

2008年6月 9日 (月)

スピード社製水着

イギリスのスピード(Speedo)社製水着が話題になっている。

昨日まで開催されていた競泳のジャパン・オープンで、多くの五輪代表選手がスピード社製水着を着用し、17個の日本新記録(うち1つは世界新記録)が生まれた。中でも北島康介が200m平泳ぎで記録した2分7秒51というタイムは、従来の記録をほぼ1秒上回っており、短距離系の種目では驚異的なタイム差といえる。

ではなぜスピード社製の水着“LZR Racer”を着用すると速く泳げるのか。新聞やテレビなどもその点についてはあまり詳しく報じていない。

そこで、スピード社の公式サイトに行ってみた。“Speedo LZR Racer(R) The most revolutionary performance suit ever made.”という誇らしげな文言の下に、LZR Racer専用サイトのリンクがある。

その中にビデオポッドのコーナーがあり、水着開発に関係した短いビデオやジャーナリストを招いてLZR Racerを試着・試用して泳いでもらった際の模様が紹介されている。しかし、なぜ速くなるかについての詳細な説明はない。

キーワードを拾ってゆくと、“NASAとの共同開発”、“自動車のF1にも使われている技術を応用”したということらしく、水着の特徴としては“低抵抗の撥水性素材”を使い、“縫い目がなく”、“体を強く締め付ける”ものであるらしい。

着用して泳いだジャーナリストの1人は「まるで丘をくだるように泳げる」といった意味の発言をしていた。これはスキーの“直滑降”(英語で“Downhill”)のように、雪の上をすべるような抵抗のない感じを言い表しているのではないだろうか。また、ジャパン・オープンで着用した日本の選手たちは「浮くような感じがする」とコメントしている。

スピード社はLZR Racerに使用している素材を“Fastskin”と呼んでいるが、それがどのような材質かは公表していない。ただ、“抵抗が少なく”、“伸縮性があまりない”素材のようだ。

これだけの情報から考えると、“抵抗の少ない素材を使い、レーザー加工によって縫い目をなくし、体を締め付けることで、車で言う「前面投影面積」を減らして、水中を進むことによって生じる抵抗を最小限に抑える工夫をした水着”ということになる。

国際水泳連盟(FINA)の規則では、“浮力”をもたらす水着は禁止されており、このSpeedo LZR Racerに関しては、今年4月にFINAが調査し、「(浮力などの)不正なアドバンテージを与えるものではない」との結論を出している。

水泳は、水という、その中では呼吸ができず、またきわめて抵抗が大きな媒体中を進むという矛盾と戦うスポーツであり、これまでは如何に効率的に呼吸するかと同様、如何に抵抗を減らすかについても、泳法の工夫など泳ぐ人間の側に任されていた。それが、ここ10年ほどの技術革新によって、全裸で泳ぐよりも抵抗の少ない水着が次々に開発され、ついに今年2月、このLZR Racerが登場したわけである。

北島康介はミズノと契約しているため、果たして五輪の本番でスピード社製水着を使用するかどうか、これまでのところは明言していない。自社製水着を着せてメダルを逃すのと、他社製水着の着用を認め金メダルを取ってもらうのとではマーケティング的にはどちらが得策か、企業にとっては判断が難しいところだろう。が、長期的に考えるなら、今回は技術競争で負けたことを率直に認め、専属契約をしている選手たちにもLZR Racerの着用を許可し、次回のロンドン五輪というスピード社のお膝元で、スピード社を上回る製品をぶつけるという方がいさぎよいとは思う。

【追記】日本水連は契約している日本の3メーカー以外の水着も北京五輪で着用してよいとの結論に至ったようである。

|

« EURO 2008グループA 1回戦 | トップページ | EURO 2008グループB 1回戦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

本来は参加者がみな全裸だった(目的は別のところにあったようですが)という古代オリンピックのことを考えると、あるいはかつて「裸足の王者」のような選手がいたことを思い出すと、こーゆー展開ってどうなのかな、と素朴に思います。
政治と無縁ではいられなくなったように、オリンピックは経済とも切り離せないイベントになったということのようです。

投稿: baldhatter | 2008年6月 9日 (月) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41479981

この記事へのトラックバック一覧です: スピード社製水着:

« EURO 2008グループA 1回戦 | トップページ | EURO 2008グループB 1回戦 »