« 筋肉痛とカレー | トップページ | 今どき高校生の放課後 »

2008年6月 3日 (火)

W杯予選 on 入梅の日

昨日(08年6月2日)、関東甲信、東海、近畿が梅雨入りした。関東甲信および東海地方は平年より6日、近畿地方は4日早い(参照)。

そして昨日はサッカーの試合があった。

サッカーW杯アジア三次予選の第3戦で日本はオマーンを3-0で下し、通算成績を2勝1敗とし、グループ2で3戦全勝のバーレーン(勝ち点9)に次ぐ2位。3月にアウェーで行なわれたバーレーン戦から、中澤、駒野、大久保を除く8名のメンバーを入れ替えた。

―――――玉田――――――
―――――――大久保―――
――松井―――――中村――
―――遠藤――長谷部―――
-長友―闘莉王―中澤―駒野-
―――――楢崎――――――
【交代】大久保→香川、玉田→巻、長友→今野

日本は4-4-2を基本としながらも、大久保がやや下がりめの4-4-1-1的なフォーメーション。松井を2列目の左、中村を右に配したのは、先日のキリン杯で試し、岡田監督が手ごたえを感じたと言った布陣。そのキリン杯では、やや詰り気味になる場面もあったが、昨日は互いに左右の距離を保ちつつ、前後にずれたり、時に左右入れ替わったりと多彩な動きを見せた。

また、遠藤と長谷部という守備的MFの2人も持ち味を発揮し、特に遠藤は玉の散らしが効果的で、前線からDFラインまでがコンパクトな現代のサッカーで、守備的MFの役割が如何に大きいかを改めて認識させてくれた。

試合はその4人を中心に中盤を分厚く支配する危なげのないもので、久しぶりの快勝だった。ただし、今回のオマーンは主力3名を欠くなど決して万全とは言えず、4日後にアウェーで再び対戦する時は、昨日のようなわけにはゆかないと肝に銘じて戦いに臨む必要がある。

それとW杯三次予選だというのに、スタンドに空席が目立ったことが気になる。日本のサッカーファンの間に、「W杯は行くのが当たり前」といった“W杯慣れ”が生じてきたのだろうか。或いは、他に理由があるのだろうか。日本サッカー協会は、その点についての分析を急ぐべきだろう。

|

« 筋肉痛とカレー | トップページ | 今どき高校生の放課後 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41415121

この記事へのトラックバック一覧です: W杯予選 on 入梅の日:

« 筋肉痛とカレー | トップページ | 今どき高校生の放課後 »