« 勝手に梅雨明け宣言 | トップページ | 大分県教育委員会汚職事件に関連して »

2008年7月16日 (水)

将棋:第67期順位戦A級成績ランク(1回戦)

昨日(08年7月15日)、将棋A級順位戦1回戦で唯一残っていた▲森内俊之九段-△木村一基八段戦が行われた。結果は125手で先手森内の勝ち。

これで10名全員が1局目を終え、第67期A級順位戦成績ランキングは次のようになった。

成績
順位
氏名/段位A級
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 森内俊之九段 1位 1勝0敗 - -  
2 郷田真隆九段 3位 1勝0敗 - -  
3 丸山忠久九段 4位 1勝0敗 - -  
4 谷川浩司九段 7位 1勝0敗 - -  
5 佐藤康光二冠 8位 1勝0敗 - -  
6 三浦弘行八段 2位 0勝1敗 - -  
7 木村一基八段 5位 0勝1敗 - -  
8 藤井  猛九段 6位 0勝1敗 - -  
9 鈴木大介八段 9位 0勝1敗 - -  
10 深浦康市王位 10位 0勝1敗 - -  

森内-木村戦は横歩取りの戦いとなり、途中木村が指しやすいと思われたものの、70手を過ぎたあたりで二度目の駒組みのような展開に。後手の二枚飛車が敵陣に切り込めないまま手が進み、先手森内が角も捨て小駒だけで攻めきった。終局は午前1時。

因みに日本将棋連盟の規定では、名人位を失冠した棋士は1年間だけ“前名人”を名乗ることができる。しかし、森内はそれを選ばず“九段”の方を選択した。何かそこに単なる潔さだけでなく、名人復帰への秘めた思いを感じる。

なお、第49期王位戦第1局深浦康市王位-挑戦者羽生善治名人の一戦は97手で先手の羽生名人が勝った。

注目の棋王戦挑戦者決定トーナメント1回戦▲渡辺明竜王-△佐藤天彦四段戦は119手で渡辺が勝った。内容については、竜王のブログの更新を待とう。

【追記】
渡辺明ブログが更新され、上記対佐藤四段戦の自戦解説が掲載された。

|

« 勝手に梅雨明け宣言 | トップページ | 大分県教育委員会汚職事件に関連して »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41849323

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦A級成績ランク(1回戦):

« 勝手に梅雨明け宣言 | トップページ | 大分県教育委員会汚職事件に関連して »