« 将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(3回戦) | トップページ | ケニー・バレル:プロフェッサーギタリスト »

2008年7月13日 (日)

6カ国協議終了

北朝鮮の核開発をめぐる6カ国協議が閉幕した。今回の結果を見ると、またもや北朝鮮ののらりくらりぶりが目立つ。あの国において権力維持が最大の“国家目標”であり、中国が対米政策の一環として北朝鮮問題を位置付けている以上、目を見張るような進展はありえないと思っていたが、案の定、ほぼ“想定内”の結論だった。

「ほぼ」と言ったのは韓国が、拉致問題を理由に北朝鮮への支援に消極的な日本を非難したことが少々驚きだったからだが、これも李明博政権になってから北朝鮮との関係がギクシャクし出し、一昨日には金剛山観光中の韓国人女性が、北朝鮮の兵士に射殺される事件が起き、対北朝鮮関係が俄かに不透明になり始めたことへの苛立ちの表れだろう。

不思議なのは、米国産牛肉の輸入再開であれほど激しい反応を示した韓国国民が、こと拉致問題となるときわめて冷静に見える点である。「水に流す」という“美徳”のある日本人が過去のことにあまり拘泥しないというのは否定できないが、韓国人は納得できないことに対しては少なくとも「納得していないぞ」という意思表示を明確にするものだと思っていたので、この2つの問題における反応が大きく違う点が腑に落ちない。拉致問題は拉致被害者とその家族の問題という以上の広がりを彼の国においても持つことが難しいということか。

今後、6カ国協議の場でどのような進展があるのかはまったく不明だが、北朝鮮は日本(拉致問題)に関しては6カ国協議から切り離すことを目指していて、まずは核問題で(100万トンの重油供与といった)実利を上げ、次に拉致問題では日本に揺さぶりをかけ、別途、利を得ようとするのではないだろうか。

拉致問題に関しては、日本は“孤立も辞さず”の覚悟を持たないと、解決は程遠いような気がする。

ところで、英語では“6-Party Talks”でほぼ統一されているこの会議の名称だが、日本語では「6カ国協議」(6か国、6ヶ国なども含む)と「6者協議」がある。

「6カ国」は、読売、毎日、産経、日経、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、時事通信、共同通信、ロイター通信など、主だった新聞社、テレビ局、通信社のほとんどが採用しているのに対し、「6者」は主なメディアとしては朝日が使っているだけだ。

Googleの検索でも、「6カ国」が約61万件(「6カ国」=411000、「6か国」=102000、「6ヶ国」= 96700)に達したのに対し、「6者」は78700件だった。朝日の“孤立”ぶりが目立つ。

ただし日本政府は北朝鮮を国家として承認していないため、“国”という言葉を使わない「6者協議」の方が日本の立場としては整合性があるようだ。とはいえ、私も普段は「6カ国協議」と呼んでいる。大勢に付かず「6者」を使い続ける朝日の態度を見識と取るか、依怙地と見るかは意見の分かれるところだろう。

|

« 将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(3回戦) | トップページ | ケニー・バレル:プロフェッサーギタリスト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

"party" ってのも、翻訳でときどき悩まされる単語のひとつですね。"entity" ほどではないですが、実体があるんだかないんだか曖昧な単語です。

投稿: baldhatter | 2008年7月13日 (日) 13時09分

まさに禿同。
で、逆に日本語の「関係者」っていうのも英語にするとき苦労させられます。今その「関係者」が頻繁に出てくる文書の翻訳中。その意味が微妙に違うので訳し分けが大変です^^;

投稿: Jack | 2008年7月13日 (日) 14時02分

こんにちは、
entity は、難しかったです。ベテランの方でも悩むのですね。安心しました。accountにも随分悩みました。
六カ国協議は仏国もカナダも入ってないので取り扱いが小さかったですが、仏語ではpourparler a sixで、直訳は「6の折衝」。国とも者とも限定せずに便利な言語だなと思いました。
私は今、コンピューターグラフィック用語と、バグ関連用語に取り組んでいます。初心者なもので、カタカナ語に首をかしげています。

投稿: pompon | 2008年7月16日 (水) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41819843

この記事へのトラックバック一覧です: 6カ国協議終了:

« 将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(3回戦) | トップページ | ケニー・バレル:プロフェッサーギタリスト »