« 火星の氷 | トップページ | サミットが終わって »

2008年7月 9日 (水)

将棋:第79期棋聖戦第4局

昨日(08年7月8日)、第79期棋聖戦第4局が行われ、後手番羽生善治挑戦者が90手で佐藤康光棋聖に勝ち、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

最終の第5局は、7月18日静岡県伊東市「わかつき別邸」で行われる。

実は昨日が第4局であることをすっかり失念。夜11時過ぎになって気づき、産経新聞の中継サイトにアクセスして、羽生名人が勝ったことを知った。

下図はその第4局80手目、△5九飛成と指したところ。

4  

 

 

 

 

 

 
 
終盤でこういう大技が決まるときは、ほとんど勝敗は決している。この将棋も、この図から10手進んだところで先手投了となった。

いつも思うことだが、羽生はこの局面をどの段階で想定していたのだろう。66手目に、1八にいた竜で3八の銀を取ったあたりだろうか(図A)。

42_2  

 

 

 

 

 

 

最初の図から遡ること14手――この局面で5九に飛を成り捨てる(実際には捨てることにはならないが、一見すればただ取りに見える)順を読んでいた可能性は十分考えられる。なぜなら、4八の歩を4九に成れば3九の飛がまったく使えなくなるからで、歩を成る順を想定していたとしたら、3八の銀は4九の飛で取ったに違いない。そうすれば、次に△4九歩成が詰めろにもなる。だがその順では先手が容易に受け切れることは明白だ。そこで、5九飛成に至る順を本線として読んだ。

5九飛成のような手をその14手も前に読んでいる…今さらながらプロの読みの深さに敬服する。

|

« 火星の氷 | トップページ | サミットが終わって »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41784609

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第79期棋聖戦第4局:

« 火星の氷 | トップページ | サミットが終わって »