« バナナのパラダイムシフト | トップページ | ハリー・ポッター最終巻発売 »

2008年7月23日 (水)

蝉の鳴き始め

今朝散歩の途中で、地面に蝉の抜け殻が落ちているのを見つけた。大きさからするとアブラゼミかミンミンゼミだろう。

今年はまだ蝉の声を聞いていない。いつもの年ならもうとっくに…と思ってはっとした。そういえば、蝉っていつ頃から鳴き始めるのだろう。

「生物季節観測」という、動植物を指標として季節の移り変わりを調べる観測法がある。その中で特に有名なのがサクラで、春先になるとソメイヨシノの開花時期を「サクラ前線」といって予測し発表する。

横浜における「生物季節観測」の平年値では、蝉の初鳴きは「7月28日」。子どもたちが夏休みに入って1週間あまり経ってから鳴き始めていたのだ。ちょっと意外な気がした。

Photo_4

|

« バナナのパラダイムシフト | トップページ | ハリー・ポッター最終巻発売 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

そうですね。案外遅いかも。
「じゃあいつまで鳴いてるか」となると、これがまたかなりしつこい。残暑の厳しかったある年には、10 月に入ってもまだ鳴いていた記憶があります。

今住んでいるところではアブラゼミとミンミンゼミがほとんど。ときどきニイニイゼミがいて、もう少し遅くなるとツクツクボウシも出てきます。

一昨年の夏、秋芳洞に一泊したときは、夕方からヒグラシの声が聞こえてきてとてもいい感じでした。

投稿: baldhatter | 2008年7月23日 (水) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/41946379

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉の鳴き始め:

« バナナのパラダイムシフト | トップページ | ハリー・ポッター最終巻発売 »