« 北京五輪女子サッカー:初戦引分け | トップページ | 北京五輪サッカー予選リーグ1回戦 »

2008年8月 8日 (金)

将棋:第49期王位戦深浦勝つ

第49期王位戦七番勝負は(08年)8月6、7日の2日間、長崎県佐世保市で第4局が指され、123手で先手番深浦康市王位が挑戦者羽生善治名人を降し、防衛まであと1勝となった。

今期の王位戦挑戦手合い、羽生の調子がいまひとつ上がらない。本人が意識しているかどうかは分からないが、深浦に対する苦手意識があるとしか思えない。

第4局を深浦が制したことで、両者の通算対戦成績は21勝21敗とまったくの五分になった。次の第5局を深浦が制すると、王位防衛に加え、対羽生戦の勝率が5割を超える。

現在のA級棋士10名で羽生に勝ち越している者はいない。そんな中、羽生に勝ち越すことができたら、それによってつかむ自信は相当大きなものになるはずだ。そうして自信を深めた深浦が来期の名人戦に挑戦してきたら…。

1位深浦、2位森内、3位佐藤、4位谷川 ― 私が考えた、現時点において、名人戦の挑戦者になった場合、羽生が苦しめられる可能性が高い棋士である。

王位戦第5局は、(08年)8月26、27日徳島市で開催される。

|

« 北京五輪女子サッカー:初戦引分け | トップページ | 北京五輪サッカー予選リーグ1回戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42104738

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第49期王位戦深浦勝つ:

« 北京五輪女子サッカー:初戦引分け | トップページ | 北京五輪サッカー予選リーグ1回戦 »