« 本日多忙につき | トップページ | ブログ女王の愛犬 »

2008年8月30日 (土)

将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(5回戦)

昨日(08年8月29日)、第67期将棋B級1組順位戦の5回戦が行われた。

勝敗は次の通り。

   勝         負
井上慶太八段―畠山 鎮七段
杉本昌隆七段―堀口一史座七段
久保利明八段―屋敷伸之九段
渡辺 明竜王 ―高橋道雄九段
阿部 隆八段 ―行方尚史八段

この結果、成績順位は次のようになった。

成績
順位
氏名/段位B級1組
順位
成績前回
順位
順位
変動
備 考
1 井上慶太八段 9位 4勝1敗 1 -  
2 杉本昌隆七段 11位 4勝1敗 2 -  
3 久保利明八段 1位 3勝1敗 3 -  
4 渡辺明竜王 4位 3勝2敗 6  
5 阿部 隆八段 5位 3勝2敗 7  
6 北浜健介七段 8位 2勝2敗 11  
7 森下 卓九段 10位 2勝2敗 8 今回抜け番 
8 屋敷伸之九段 13位 2勝2敗 4  
9 高橋道雄九段 3位 2勝3敗 5  
10 山崎隆之七段 12位 2勝3敗 9  
11 畠山 鎮七段 6位 1勝3敗 10  
12 行方尚史八段 2位 1勝4敗 12 -  
13 堀口一史座七段 7位 1勝4敗 13 -  

上位3名と下位2名に順位の変動はなかった。当然とも言えるが、今回勝った棋士が上位6番までを占め、抜け番だった森下をはさんで、負けた棋士が下位に。これで森下の順位に変動がなければ、絵に描いたような結果になっていた。

注目の20代棋士は、2期目の渡辺が古豪高橋を横歩取りで鮮やかに降したが、山崎はこの頃よく指される後手4手目3三角という、われわれクラスには理解不能の戦法を採用。途中指しやすくなるも緩手が続き、最後は入玉を狙ったが阻止され99手で投了。3敗目を喫した。

また昨日は竜王戦挑戦者決定戦の第1局で▲羽生善治名人と△木村一基八段が対戦し、191手で羽生名人が幸先のよいスタートを切った。

この将棋、手順は多少異なるものの8月26日、27日に行われた第49期王位戦第5局▲羽生名人-△深浦康市王位戦と同じ先手飛車先不突き4六銀戦法で、羽生は2局連続して採用したことになる。30手目に同一局面になり、44手目から55手目までは手順も同じ。56手目に△2五桂として新たな展開へと進んだ。木村の驚異的な粘りもあり、191手という長手数の将棋になった。

やはり気になるのだろう。自身、B1順位戦を戦っていた渡辺竜王も途中で控室に顔を出していたようだ。

昨夜の東京は猛烈な雷雨だったようで、落雷のために将棋会館が揺れたほどだったらしい。棋士や関係者の方々は無事帰宅できたのだろうか。

次回B級1組6回戦は(08年)9月19日の予定。

 

|

« 本日多忙につき | トップページ | ブログ女王の愛犬 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42325136

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋:第67期順位戦B級1組成績ランク(5回戦):

« 本日多忙につき | トップページ | ブログ女王の愛犬 »