« 北京五輪柔道競技終了 | トップページ | 北京五輪男子サッカー準々決勝 »

2008年8月16日 (土)

北京五輪女子サッカー準々決勝

完璧なアウェーの状況で日本は中国を2-0で降し、準決勝進出を決めた。

次の対戦相手は、予選リーグで苦杯を喫した強敵アメリカ。とはいえ、まったく歯が立たない相手ではない。

予選リーグの最終戦、対ノルウェー戦で大勝した後の試合で、戦いぶりに注目したが、日本は中盤をコンパクトにし、左右からのサイド攻撃をメインとする戦術で、高さ・速さに優る中国のサッカーを封じた。特に細かいパス回しにこだわらず、大きな展開をまじえた戦い方と、中盤でのつぶしが効いていた。

あとは、今大会あまり調子のよくない永里(17番)と安藤(7番)が復調し、中央でのポストプレーやサイドから中への切り込みが出てくるようになると、メダルの可能性もたかまってくる。

T2_2

|

« 北京五輪柔道競技終了 | トップページ | 北京五輪男子サッカー準々決勝 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220529/42181788

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪女子サッカー準々決勝:

« 北京五輪柔道競技終了 | トップページ | 北京五輪男子サッカー準々決勝 »